2016年05月29日

巨匠のデュオコンサート

おとといですが、
チック・コリア&小曽根 真 ピアノ・デュオ プレイズ・アコースティック
というコンサートに行ってきました。

愛知県芸術劇場のコンサートホールで、完全生音でした。
2台のピアノから、ものすごく豊かな響きが泉のように湧き上がっているようでした。

1st
即興
2台のピアノのための協奏曲 変ホ長調 K.365 (モーツァルト)

2nd
スパニッシュ・ソング (チック・コリア)
スナップショット (小曽根真)
「ミクロコスモス」より7つの小品の短いカノンとその展開 (バルトーク)
2台のピアノのためのファンタジー (チック・コリア)

アンコール
ブルー・ホーク (セロニアス・モンク)

最初の即興からもう、わくわくで・・・
お二人の長ーいお喋りを聞いているような。
モーツァルトは、3楽章全部演奏するのはこの日が初めてだったそうです。
演奏曲は毎回変わっているようで、
ツアーを追っかけて何回も聞いている方もたくさんいらっしゃいました。

チック・コリアさんはとてもフレンドリーで
小曽根さんとの演奏を楽しんでいることがよく伝わってきました。
小曽根さんは20年来の夢であったチック・コリアさんとのツアーが
実現した幸福感でいっぱいのようでした。顔5
  

Posted by あけみ at 23:49Comments(0)ライブ