2019年10月12日

MBCラジオ「城山スズメ」


10月8日 MBCラジオ「城山スズメ」への
柏木さんの生出演を radiko で聞きました。

『VOICE』 から 「アフリカゆき」 がかかるなか、
ゲストコーナーがテンション高めで 顔2 スタート。
この番組へのご出演は1年ぶりとのことですが、
これまで何度も出演されて
パーソナリティの采野さん、笹田さんともお馴染みで、
最初に “チェロ芸人” と紹介されたこともあり、
楽しく、ぐいぐいお話が進みました。

まずは、MBCの社食のカツ丼がおいしいというお話で
パーソナリティのお二人も大ウケ。
そして生出演のこの日は
「僕的にどうしても行かなきゃいけない店があって、
 カレーを食べてきました。」
とやっぱり食べ物のお話が出ました。

そして、新譜 『VOICE』 について。

柏木さん
「チェロのアルバムなんですが、今回は声がたくさん入っています。
 チェロは人間の声に最も近いと言われることもあるし、
 ピアノもドラムもパーカッションもギターも、
 結局、弾いている人の “声” です。
 アンサンブルをしているというのは、会話をしているという感じです。」

采野さん
「柏木さんも、光田さんもそうですが、歌うように演奏されますね。」

柏木さん
「メロディを弾くときは、弾くというつもりじゃなくて、
 歌うというつもりじゃないと弾けないです。
 曲には歌詞は無いんだけど、曲を作るときにはテーマを決めて、
 自分の中でそのテーマの絵と合致するようなメロディを書きます。
 弾くときは、そのメロディを聞いていただく人が
 何かイマジネーションができたらいいなと思います。
 そのためには、弾くじゃなくて “歌うびっくり” です。」
 ( “歌う” って言われるときめっちゃ力こもってました)

笹田さん
「人柄といいますが、音色にも “音柄” がある気がします。
 その人を介して出てきますから、
 同じ楽器でもその人によって表情が違いますね。」

采野さん
「柏木さんも、光田さんも、NAOTOさんも、
 (これまで番組に)お迎えしてお話をうかがったんですが、
 三人にお会いして、クラシックをやっていらっしゃる音楽家の
 イメージが変わりました。
 親しみやすいし、おもしろいし、音楽も親しみやすくアレンジされて
 僕たちにチェロ音色を教えてくださっていると思います。」

柏木さん
「教えてるということは無くて、好きにやってます顔2

ここで、即興演奏コーナー。
お題は 「今日の桜島」。
この日は、晴れていてよく見えたそうです。
ゆったりどっしりとした演奏でした。


里アンナさんとのコラボレーション 「One」 について

柏木さん
「里さんのことは存じ上げなかったのですが、
 2年ほど前にCDを聞いておったまげましたびっくり
 祈りに近い意志があるけど、声がめちゃきれい。
 相反するものが同居しているような感じに聞こえて、
 いつか一緒にできたらと思っていて、今回実現しました。

 曲を作っているので歌ってほしいとか、
 奄美の言葉で歌詞を書いてほしい、内容はこういう感じにしほしい、
 なぜなら僕は里さんのことをこう思っているから、とか
 こちらからいろいろお願いしました。
 里さんのアーティスト写真から、クールなかたと思っていたら
 よく笑うかたでした。顔1
 
 「One」 に関しては、里さんの歌と自分のチェロを使った歌の
 ツインヴォーカルのつもりでやってます。」


プロデューサーの光田さんについて

柏木さん
 「笑いながら厳しいことを言います。(爆)
  人が苦しんでるのを見てニヤニヤしてます。(笑)
  でも、楽器弾きって “コノヤローッカチン” って思って練習するんです。
  だからハードルをどんどん上げていかれて、
  “ギャーッ汗・涙1” っと思ったけど、
  できたものは充実感があって、ホントにありがたい存在です。」


番組の終わりのパーソナリティさんのコメントがステキでした。

采野さん
「 『VOIVE』 は 「アフリカゆき」 のようなアップテンポな曲があったり
 ヴォーカルが入っているものがあったり、
 人の心に語りかけるような曲があったり、
 バリエーシションに富んでいて、ホントにええアルバムやと思います。」

笹田さん
「こんなに (笑いすぎて) 涙が出るクラシックのゲストさんって信じられないです。」

柏木さん
「女性を泣かせちゃうんですよね~(爆)」


最後に 11/16 に MBCラジオまつりに出演されること、
来年1月の二人旅のお知らせがありました。
番組中にトークのバックにかかった曲は、
「アフリカゆき」 「Voice」 「One」 「東風」 「Spirit of the Forest」 でした。  

Posted by あけみ at 17:13Comments(0)

2019年10月06日

ラジオ日本「Hello! I, Radio」

10/1 ラジオ日本 「Hello! I, Radio」 への
柏木さんの生出演を radiko で聞きました。

この番組へのご出演は2年半ぶりだそうです。
パーソナリティの栗原美季さんとは旧知の仲で、
和気あいあいとお話が進みました。

まずは、柏木さんの近況ということで、
いまツアー中の葉加瀬太郎さんのコンサートのお話から。
葉加瀬さんとのお付き合いも長くなって、
葉加瀬さん曰く、「最近、会話がない」 汗・涙1そうです。
葉加瀬さんをサポートするうえで
“いま、どういう状況で、何を求められているか?” を
考える時間が昔より圧倒的に短くなって、
言わなくてもわかる老夫婦みたい? だそうです。

そして、柏木さんのプロフィールに書かれている
“チェロ芸人” という言葉から、柏木さんの活動のスタンスについて。

栗原さん
「柏木さんのライブに行ったときに一番実感するのですが、
 咳払いし放題だし(笑)、あんなに笑えるというか、
 幸せな気持ちにさせてもらえるライブはなかなか無いなって」

柏木さん
「ミュージシャンが何でライブが好きとか病みつきになるかっていうと、
 お客さんからもらえる拍手っていうのもあるんですが、
 もう一つ、人の笑ってる顔をステージから見られるって
 この幸せ感は他にないんですよね。
 人の顔で一番きれいなのは笑ってるときだから、
 それをもらえたらすごくエネルギーになると思います」

栗原さん
「何より柏木さんが一番笑ってますよね。
 ステージであれだけの笑顔で弾いてるチェリストはなかなかいません」

柏木さん
「すごい盛り上がってくると、メンバーと “面白いなぁ” 顔2
 言いながら弾いてることあります(笑)」


そして、放送日の翌日に発売の 『VOICE』 について

柏木さん
「19年で10枚のアルバムを作って、
 自分がよくやったというのはひとつもないんだけど、
 ただホントにありがたい。
 HATS レーベルは表現したいものを自由に作らせてもらえて
 それもありがたい」

ここで、『VOICE』 から 「アフリカゆき」 がかかりました。

栗原さん
「あらためて、いいですね音色」

柏木さん
「楽器弾きにはない武器が歌詞なんです。
 歌詞をどうやって表現するかというと、音色でいくしかない。
 それぞれの楽器が、それぞれのシーンに音色を変えていきながら。
 そういうメンバーとやれていることも幸せです」

栗原さん
「アルバムタイトルが 『VOICE』 ということで、
 声がいろんな形でフィーチャーされていますね」

柏木さん
「声のフィーチャリングが3組というのも初めてだし、
 レコーディングを終えて思ったことは、
 『VOICE』 というタイトルにしてよかったなと。
 チェロは人間の声に近いとか言われるんですが、
 チェロだけじゃなくてすべての楽器が、その人の声なんだ
 ということを、作りながら弾きながらすごく感じた。
 藤原道山さんの尺八も声にしか聞こえないんだよね」

栗原さん
「今回はプロデュースを完全に光田健一さんにお願いして、
 何か違いはありましたか?」

柏木さん
「全然違います。
 セルフプロデュースのときは “これを整えよう” ということに
 割く時間がとても多いです。
 プロデュースしてもらうと、自分が歌い手に専念できる。
 自分でやると行儀のいいものを良しとすることが多いんだけど、
 健ちゃんに “もっと歌えるから” と言われると
 自分も “もっと歌える” “もっと歌える” と思うことができて
 それがすごく楽しい。
 メロディを弾くということは歌うということなので」


さいごに、アルバムリリース記念ライブのお知らせがあり、
「One」 をがかかってゲストコーナーが終わりました。
「One」 の曲紹介のとき、里アンナさんについて柏木さんは
「里さんの声はひとつひとつが祈りのような
 力強さがあるんだけど、透き通っているという
 矛盾するふたつのものがうまく融合されていると思います」
と言われていました。


番組を生放送で聞けたかたは、いち早く2曲を聞けてよかったですね。
『VOICE』 を聞いてからこの放送を聞いても
柏木さんのお話がとてもよくわかって、
もう一回 『VOICE』 を聞こうかな・・ってなりました。


番組のブログの10/1 のところ に、
出演されたときのお写真があります。
ホントにペアルックみたい顔1
  

Posted by あけみ at 18:36Comments(0)

2019年10月05日

" 3G+1C " リターンズ



2019 年 9 月 30 日 (月) Praça Onze
"3G+1C" リターンズ
長澤紀仁(g) 阿部浩二(g) 越田太郎丸(g) 柏木広樹(vc)

11月末で閉店することが決まっているライブハウス
プラッサオンゼでの柏木さんの最後のご出演ライブに行ってきました。

“3G+1C” は、ギターが三人とチェロという意味で、
以前は別のお店で何回かやっていましたが、
久しぶりの再演でした。

ブラジル音楽を中心に曲は持ち寄りで、
メンバーさんたちのオリジナルに、カバー曲もありました。
一体弦が何本? という弦楽器だらけの変わった編成で、
弦の響きが頭の中で重なって、
弦好きにはたまらなく気持ちよかったです。顔5

司会進行は長澤さんでしたが、
演奏後には毎回思わず 「いい曲だなぁ・・・」
ライブ終盤には 「曲は自由に持ち寄ったのに、名曲ぞろい」
とご満悦でした。、

柏木さんの曲は、「Dab-Dab」 「夕焼け雲」 「CASA FELIZ」
をやりました。
「CASA FELIZ」 のときに
客席でパンデイロで参加してる人がいる!
と思ったら、石川智さんでした。
客席には、ミュージシャンや音楽関係の方も何名かいらっしゃってました。

私もプラッサオンゼに行けるのは、この日が最後になりそうで、
さびしさを感じながらも、しっかり楽しんできました。
この日も盛況でしたが、
閉店を惜しむ方々で連日賑わっているそうです。

終演後には出演者からお店のオーナーさんへ花束の贈呈と
オーナーさんを囲んでの記念撮影大会がありました。

最後のごはんは、フェイジャンとリングイッサの合い盛りを
がっつりいただきました!




プラッサオンゼに行き始めた頃は、
“ブラジル音楽の聖地” ということも知らず
ディープな雰囲気に気おくれしながら
東京のお友達にくっついて行っていました。
レアなライブがあったり、
出演者の方と親しくお話できたり、
客席にミュージシャンの方がよくいらっしゃっていたり、
会えるかな?と思っていたお友達に会えてきゃーきゃーしたり、
楽しい濃い時間をたくさんすごさせていただきました。
感謝でいっぱいです。
  

Posted by あけみ at 18:16Comments(0)ライブ

2019年09月28日

ハモカン



東京出張中の2つめのライブは、
9/26 六本木 C・LAPS で、ザ・ハモーレ・エ・カンターレでした。

光田健一(vo,p) 長谷川友二(vo,g) 加藤慶之(vo) 荒井健一(vo)

いつもながら、アカペラも有りのすごいコーラス、
そして楽しい企画コーナー。
今回は初投入の鳴り物や機材もありました。
いつもライブの時間が長くなるそうですが、
ホントに時間を忘れてたっぷり楽しみました。

客席もコーラスに参加する曲があるのですが、
メロディがぜんぜん違う3パートに分かれて、
歌詞も「ラ」とか「ヤ」じゃなくてちゃんとあって汗・涙1
もう、ハモカンのお客さんはレベルが高いびっくり

この日は、柏木さんの新譜 「VOICE」 のチラシも配られました。
光田さんがトークで紹介されてましたが、
「VOICE」 の1曲めに収録されているのがハモカンをフィーチャーした曲で
誰かの声から曲がスタートするそうです。
「VOICE」 なだけにね。
聞くのが楽しみだなぁ。顔1

ハモカンは全国ツアー中で、あと5公演あります。
楽しいですよ~♪
  

Posted by あけみ at 18:13Comments(0)ライブ

2019年09月28日

cinema rock


今週は仕事で東京に3泊していましたが、
そのうち2夜にライブに行ってきました。
(ホントは仕事先の方との食事会があったのですが、
 ライブのチケットを先に取ってしまっていたので、
 同僚におまかせして失礼してしまいました汗・涙1汗・涙1




まずは25日、太郎丸さんのリーダーライブ「シネマロック」

越田太郎丸(g) NAOTO(vl) 榊原大(p)
西嶋徹(b) 齋藤たかし(ds)

会場は私は初めてのお店、原宿 La Donna でした。

セットリストは 太郎丸さんのブログ に出ています。

「ロック」ですから、太郎丸さんはエレキギターの立ち弾きもあり(久しぶりに見ました!)、
西嶋さんはエレキベースのみ。
エレキベースは「中身が詰まっているから重い」そうです。汗・涙1

知っている映画音楽も、さすがのみなさまの演奏で聞くとカッコイイ顔5

そして、オシャレなお店にふさわしく(はてな)、トークはぎゅっとコンパクト、
なのにおもしろすぎました。

お友達にも会えて、仕事の疲れも吹っ飛ぶ楽しい夜でした。  

Posted by あけみ at 16:35Comments(0)ライブ

2019年09月23日

葉加瀬さんツアー



葉加瀬太郎さんのツアーが始まりました。
私の地元名古屋の公演は12月なので、
待ちきれなくて連休中の大阪公演に行ってきました。

今年は音楽監督が羽毛田さんということで、
葉加瀬さんの代表曲の数々も
また違った新鮮なアレンジとなっています。

いつものように、素晴らしい演奏と楽しい演出で、
満席の客席が大盛り上がり。
私は柏木さんがよく見える席だったので、
にこにこ(ニヤニヤ?)きゃーきゃーしながら
楽しい時間を満喫してきました。顔5

演奏曲と簡単なレポは こちら に書きました。


新譜の発売前なので当然まだ売っていなくて、残念でしたが
ロビーのモニターにPVが映されていました。
葉加瀬さん→羽毛田さん→柏木さん の順にPVがループしてました。




ツアーグッズのラインナップはこちらです。




ツアーパンフレットに載っているメンバー紹介の柏木さんのお写真は、
新譜に合わせた新しいものでした。
リハーサル風景の写真にも、去年のツアーのステージ写真にも
柏木さんが映っています。
もしパンフレットの見本を見られる機会がありましたら見てみてください。

「VOICE」が発売されたら、握手会があるといいなぁぁぁハート1



  

Posted by あけみ at 22:41Comments(0)ライブ

2019年09月23日

太郎丸さんセッション 9/18 GRECO



越田太郎丸 Receita de Canja en 大塚
2019年9月18(水) GRECO

越田太郎丸(g) 光田健一(p) 柏木広樹(vc) 啼鵬(バンドネオン)


1st
SYH-新横浜- (越田太郎丸)
AL AIRE (越田太郎丸)
Life of the Party (Tony Williams)
Cielo Azul (柏木広樹)
ペドロ (越田太郎丸)

2nd
About You (光田健一)
Bom Dia! (柏木広樹)
Shape of My Heart (Sting)
觔斗雲で飛べ (光田健一) ←きんとうんの正しい書き方はわかりません
Eternal Youth (Toninho Horta)

アンコール
Along with you (啼鵬)


太郎丸さんのリーダーセッションで、
また素敵なメンバーの組み合わせのライブでした。

光田さんは GRECO さんへは今回が初出演。
啼鵬さんは、同じ藝大の作曲科の先輩の光田さんとの共演を
とても喜んでいらっしゃいました。
普通は同じ現場に
作曲家がお二人いらっしゃることはない・・
というお話を聞いて、なるほどです。

曲は持ち寄りで、太郎丸さんの曲が多めで
カバーもありました。
「Life of the Party」 は啼鵬さんのセレクトだそうです。
きんとうんの曲はむずかしいらしく、光田さん自らが
「セッションに持ってきたら、え? これやるの? ってなっちゃう曲」汗・涙1
と言われてましたが、初演のみなさんはそんなそぶりもなく
軽快に演奏されてました。

アドリブソロもたくさんあり、
アイコンタクトやお顔の表情でコミュニケーションして
ぐいぐい進んでいくのは、見ていても楽しいです。
啼鵬さんはバンドネオンの他に
リズムを作るところはカホンも使っていました。

この日は GRECO のオーナーさんのお誕生日で、
1st の 「Cielo Azul」 のあとのトーク中に
「Happy Birthday♪」 の演奏と歌、
大きなケーキが登場して
ロウソク吹き消しの儀式が執り行われました。

ケーキが退場した後も長いトークが続き、
柏木さんから不意に 「オリジナルカクテルはないの?」 の発言が。
この日は Strings Festival ではないので
オリジナルカクテルは無いはずですが・・・
それを聞いたカクテル担当の方が瞬発で作られて、
何とそのトーク中にサンプルができました。



オリジナルカクテルは
アーティストがネーミングするのが恒例ですが
GRECO 初出演の光田さんにちなんで “ケンイチ” となりました。
が、その前に血液検査や献血や血液型のトークをしていたので
ケンは検査の検かな、チはやっぱり血で、
という意見が相次ぎ、“検い血” に決まり。
こんな名前ですが、休憩時間にはたくさんのオーダーが入ってました。

この日は(この日も?)、トークが長くて
終わったときは、えっ、もうこんな時間?。。。
それぞれのお仕事のお話や、
光田さん・啼鵬さんは大学の作曲科時代のお話とか、
音楽のお話もいろいろあったのですが、
思い出そうとすると、
なんか楽しい世間話聞いて、ずっと笑ってて、
時々爆笑してたなぁ・・・
ってことだけ覚えてるんですよね。顔2

演奏も、トークも、めちゃ楽しいセッションでした。


バースディケーキは、切り分けて客席全員に出していただけました。
ごちそうさまでした ハート1


  

Posted by あけみ at 16:09Comments(0)ライブ

2019年09月08日

プラッサオンゼ!


TOYONO “obrigada!praça onze” vol.2
2019年9月3日(火) Praça Onze
TOYONO(vo) 越田太郎丸(g) 柏木広樹(vc) 西嶋徹 (b) 岡部洋一(per)


11月で閉店することが決まっているプラッサオンゼに
久しぶりに柏木さんがご出演でした。
プラッサオンゼには閉店までに必ず行きたいと思っていましたので、
ぜひこの日に行こうと思いました。
こんな素敵なメンバーでライブをしてくださって、
TOYONOさん、ありがとうございましたハート3

TOYONOさんがきっとフェイスブックに
セットリストとレポを書いてくださるだろうと思い、
この日は曲名のメモもせず、レポのことも考えず、
プラッサオンゼに居る時間をめいっぱい楽しんできました。顔2
お久しぶりに聞けた曲がうれしかったり、
昔話のトークに笑ったりしんみりしたり。。。


“ブラジル音楽の聖地” プラッサオンゼの入り口。
初めて行ったときはこの階段を下りて入るディープな世界にビビりました。
今でも特別な場所。






いちばん手前の黒いイスがチェロ席です。




プラッサオンゼに来たらほぼこれ!
リングイッサごはん。




客席はライブを楽しむ方、お店の閉店を惜しむ方でいっぱい。
昔なじみのお友達や、お久しぶりのお知り合いにも会えました。
お店のあちこちで 「同窓会みたい」 という声が聞こえました。
それほど多くの回数を行っていない私でも思い出がいっぱいですから、
長年のご常連の方にとっては感慨深いことと思います。

終演後にお友達と、柏木さん、太郎丸さんにも入っていただいて
撮った写真は宝物です。キラキラ
出演者のみなさんの集合写真も撮られていたので、
どこかにアップされるのを楽しみにしています。顔1  

Posted by あけみ at 22:47Comments(0)ライブ

2019年09月01日

鳥越啓介さんソロツアー

今週は2日連続、鳥越啓介さんのソロライブに行ってきました。

まずは、愛知県日進市の 「森の響」。



お寺でも料亭でもないんです。
古民家風の、実は築十数年の木造の一軒家カフェです。
月に1回ライブが行われます。



演奏スペースの背景はお庭。
この日は、1st 演奏中はすこし蝉の声が聞こえて、
2nd になったらにわか雨の雨音が聞こえて、
とてもいい感じでした。


翌日は名古屋市内のカフェ&バー 「青猫」。



コンクリートのクールな店内にいい音が響いて気持ちよかったです。顔1
写真に写っているスピーカーをこのソロツアーのために新調されたそうです。

鳥越さんは独奏のアルバムを出されていてソロ曲のレパートリーも多く、
ループステーションを使った多重演奏や、
エフェクターを使ってエレキのような音で演奏するファンキーな曲もあったり、
お一人なのに多彩で楽しいライブでした。♪

どちらのお店も満席で、お客さんがぎゅうぎゅうでしたが、
ツアー中は全公演満席だったそうです。すばらしいキラキラ  

Posted by あけみ at 00:19Comments(0)ライブ

2019年08月24日

越田太郎丸 Receita de Canja em 水戸

2019年8月18日(日)水戸 GIRL TALK
越田太郎丸(g) 松本圭司(p) 柏木広樹(vc)




1st
Bicycle Ride (Toninho Horta)
Round Round (越田太郎丸)
Where Is The Forest ? (越田太郎丸)
My New Old Friend (Alan Pasqua)
Nacsente (Flavio Venturini)

2nd
大地を繋ぐ樹の下で (柏木広樹)
Eu Sei Que Vou Te Amar (Antônio Carlos Jobim)
Bimini (Jim Hall)
Rabo de Nube (Silvio Rodríguez)
Smile for You (柏木広樹)

アンコール
さよなら (松本圭司)
 ↑
正しくはどう書くのかわかりません汗・涙1


このライブタイトル「Receita de Canja em 〇〇(場所の名前)」は
太郎丸さんがご自分のリーダーセッションのときに使われますが、
今回めずらしく説明がありました。

Receita (レシータ) = レシピ
Canja (カンジャ) = 雑炊のようなお肉、野菜、お米を煮た料理
それで、
Receita de Canja = カンジャの作り方 = ジャムセッション
太郎丸さんの造語だそうです。

セッションなので曲は持ち寄り。
メンバーご自身の曲に加えて、“このメンバーだからやってみたい” と
持ってこられたカバー曲もありました。

「My New Old Friend」 は圭司さんの提案曲。
16歳のときに知って、最近あらためてアルバムを聞いてよかった曲だそうです。
太郎丸さん、柏木さんは初めてで譜面に釘付け。
演奏後、太郎丸さんは 「むずかしい。。。チャレンジしがいがある」 でしたが
他のお二人は 「ギターのメロディがいいね 顔2」 でした。

「Nacsente」 はゆったりたっぷりなチェロのソロがステキでした。

「Bimini」 はリゾート地の島の名前だそうです。
楽しい曲で、ピアノソロがはじけてました。

「Rabo de Nube」 は柏木さんのファーストアルバムに入っている曲。
アルバム収録のときは太郎丸さんがアレンジされてますが、
今回は太郎丸さんが譜面を書き直して持ってこられたそうです。
大好きな曲なのでスマフォのプレイリストに入れてよく聞いてますが、
久しぶりにライブで聞けてうれしかった顔5

「Smile for You」 はお客さんがコーラスで参加して、
いつものように事前の練習もありました。
太郎丸さんから圭司さんに、
「コーラス中にカッコいいソロをするように」 という指示が。
圭司さんは 「プレッシャー・・・」 と言いつつ、カッコいい演奏でした。キラキラ

知らない曲がいくつもあって、すべての曲にアドリブソロがあって、
セッションならではの、何が出てくるかわからない楽しいライブでした。
お三方もそれぞれのプレイに「イェイ!」グッド ってにっこりしたり、
初めての曲やむずかしい曲はそれどころではなかったり汗・涙1
間近で表情やアイコンタクトを見ながら聞くのもおもしろかったです。

トークのほうは、
曲に対する想いや説明はしっかり語られますが、
それ以外は・・・
来るときに通ってきた “常磐道” であった事件のことや、
エアコンの効き方とか、食べ物のこととか、とりとめもなく。

ユニークでちょっとマニアックな選曲とすごい演奏、
そしてゆる~いトークとのギャップが楽しい、お盆ウィーク最後の夜でした。  

Posted by あけみ at 15:39Comments(0)ライブ