2017年05月13日

西村由紀江さんのFM番組出演

「西村由紀江のSMILE WIND ~愛ある家族へ~」

東北3県で 5/6~7 に放送されたこの番組、radikoで聞きました。

柏木さんと西村さんは大学生のときからの長~いお付き合い。
柏木さんから、「さん付けでなく呼び捨てがいい」ということで、
「カシワギ」「ユキエちゃん」と呼び合っていました。

柏木さんがプロデュースした
西村さんの去年のアルバム「Beautiful Days」について。

西村さん
「自分の弱いところ、そしていいところを的確に、
どんどん言ってくれたことを本当に感謝してます。」
柏木さん
「ミュージシャンって自分の姿は見えないので、
ユキエちゃんが思っている“いいもの”が
ボクにとってはそんなによくなかったりする。
お互い気心も知れてるし、
相手の気持ちを思いながら録っていった。」

二人旅のアルバム「Partiendo」について

西村さん
「これ、めちゃめちゃライブ感がある」
柏木さん
「レコーディングしたスタジオがすごく響きがよくて、
ライブと同じで録り直せない状況でやろう!って、
ブースに分かれないで二人の音がまざっている状態で
全曲やってすごい大変だった。」
西村さん
「いろんな国を旅しているような気分になる、すばらしいアルバム」

ここで、「Partiendo」がかかりました。

西村さん
「レコーディングで苦労したことはありますか?」
柏木さん
「合宿レコーディングで4日間くらいで録った。
難しいところをまちがえてリテイクを重ねることはあったけど、
苦労はなかった。
夜は宴会だし、早く起きた自分が朝ごはんをつくったり、
楽しかった。」顔2

二人旅の東北ツアーのお話から、
フトリタビ、柏木さんのグルメのお話に。
福島はその名も飛露喜(ひろき)というお酒のこと、
岩手はお気に入りのお蕎麦やさん、宮城は海の幸・・・
西村さんに
「食べ物のことを語るとカシワギは止まらない」
と言われてしまいました。

ここで、スタジオセッションのコーナー。

朝の番組なので、
朝の爽やかな雰囲気に合わせてと
二人で選曲したサン・サーンスの「白鳥」。
西村さんがスタジオライブのために、
軽やかな感じにアレンジしました。
柏木さんは、
「これ、オレが弾いていいのかな。
たぶん人前で弾いたことがないと思うよ。」
ということでしたが、ホントにレアな演奏が聴けました。
西村さんは、
「こういうクラシックの正統派の曲を
カシワギと目を見つめて弾くというのは照れるね。
でも新鮮ですごくよかった。」

次は「水の街」がかかりました。

柏木さん
「この曲は、東北もそうだけど、
山がきれいで、水がよくて、
山から水が伝ってきてみんなの街にくる、
というのはこんな風景じゃないかなと、
光田さんと二人で作った曲です。
日本ってこんなに美しい景色があって、
僕らはこんな風に見えたよって
素直に言えた曲だと思います。」

最後に西村さんから柏木さんについて
「一緒にいるとあったかい気持ちになるんですよね。
ついカシワギと言ってしまうんですが、
カシワギのことホントは尊敬してるんですよ。顔1
音楽家としてすばらしいと思って、師として仰いでおります。」
とフォロー(はてな)のコメントがありました。

番組のブログ にも柏木さんの紹介と、
演奏曲が書かれています。  

Posted by あけみ at 22:53Comments(0)

2017年05月07日

葉加瀬さんのDVD BOX

葉加瀬太郎さんのデビュー25周年記念の 「Pictures Box」、
ゴールデンウィーク中にゆっくり見ました。
DVD5枚組ですが、そのうち4枚に柏木さんが映っています。

Disc1 2014年 「エトピリカ」ツアー
    
「大地を繋ぐ樹の下で」が収録されています。



曲紹介のMCも。




Disc2 2015年 「デラックス」ツアー

「Cielo Azul」が収録されています。




Disc3 2014年 葉加瀬太郎×梅若玄祥「JAKMAK」

制作ドキュメントとコンサート本番の映像ですが、
柏木さんは残念ながら汗・涙 2ほとんど映らないです。




Disc4 2013年 「JAPONISM」ワールドツアー

ワールドツアーのドキュメントです。
各地のコンサートのシーンのほか、
サウンドチェックやダンスリハーサルのようすや、
ステージの袖とか楽屋にもカメラが入ってます。




高価なDVDボックスではありますが、
貴重な映像もいっぱいで、たっぷり楽しめます。顔5  

Posted by あけみ at 18:29Comments(0)

2017年05月04日

J-WAVE UNIVERSAL LOVE 2017

ゴールデンウィーク中の9時間のスペシャル番組、
柏木さんの登場はいつ?と思いながら
冒頭から聞いていましたが、
お昼前に登場で、30分のたっぷりしたコーナーでした。

柏木さんのコーナーの前にまず 「Cielo Azul」 がかかりました。

登場してすぐ、パーソナリティのグローバーさんに
「爽やかな笑顔がまぶしいキラキラ」 と言われる柏木さん。

チェロの響きは、心がおだやかになる・・というお話に続いて
「二人旅」 はどんなライブなんですか?という
グローバーさんの問いには、
「笑いあり、笑いあり、笑いあり」 という的確で簡潔なお答え。顔2
MC とかはなるべく楽しくして、ライブの2時間くらいの間に
お客さんと一緒に、会場の感じがどんな風に変わっていくか?を
考えてやっています。ということでした。

復興支援音楽祭 歌の絆プロジェクト について

復興とは何であるかを考え、
復興を進めていく力が音楽にあるんじゃないか
というのが基本にあります。
「ひまわり」に付いた歌詞はみなさんに寄り添っています。
復興はひとつひとつ積み上げるしかないと思います。
合唱のアレンジは、
最初は静かにスタートするけれど、
一人一人がだんだん集まってくる。
人が集まることが力なんだ・・・というイメージです。

出演する高校生の方たちに合唱の指導をしたときのお話。

練習の段階で、まだ慣れていないし上手に歌えていないけれど、
楽譜を見ている目と出てくる声で、絶対にうまくいくと思いました。
声が出ていなかったり、音が取れていなかったりするんだけど、
可能性がものすごく感じられました。
自分はヴォーカルのプロではありませんが、指導するにあたって
「ひまわり」 の詩の意味をみんなで考えよう、ということと
上を向いて歌おう!ということを言いました。
今回の 「ひまわり」 はそういう歌になっているし、
そうやって歌い継いでいってほしい。

ここで、復興支援音楽祭の 「ひまわり」 のライブ録音が
放送されました。

聞き終わった柏木さんは、
思い出してまた涙腺がゆるんだようでした。
曲も歌詞もすばらしいけれど、
「音楽の持つ力」 っていうのがある! と改めて言われてました。

本番が終わったときはみんなでハイタッチだったそうです。
「心がひとつになる」 ということを、
音楽を使って表現するという曲になったし、
それを高校生たちも自分たちも感じたし、会場の人も感じただろうし
想いがひとつになったと思っています。と話されました。

続いて、スタジオライブコーナー。

松本圭司さんのキーボードが加わって
「モモの唄」 と 「Vitamin Color」 をデュオで演奏。
「モモの唄」 は、スタジオでいい音で鳴っているんだろうなぁ・・
ということがPCでもわかるほど。
「Vitamin Color」 の方は元気いっぱい、
予定以上にテンポが速め矢印1だったそうです。

ここで、グローバーさんから
番組タイトルの 「UNIVERSAL LOVE」 を音で表現してくださいとのお願いが。
即興演奏となりました。
演奏後のお話では、
弾きながら 「終わらないで終わろう」 と思って、
いかにも終わった感じにしない終わり方にしたそうです。
この続きは誰かにつながればいい・・・と思い、
「何かを想って、心を開いて、次の人に渡す」 ことにしよう、
終わっちゃいけない、と演奏中に思ったそうです。

(即興演奏なので瞬時に作曲しながら弾いているのでしょうが、
 そんなことまで考えるんだ!とびっくりです)

最後に、「二人旅」 東北ツアーと、
「二人旅スペシャル」 のご案内がありました。


J-WAVE 番組のサイトに柏木さんの写真もあります。
(クリックすると大きくなります)

今回は特に、復興支援音楽祭のお話が聞けてよかったです。
「音楽の力」 も、それを表現して伝えることができる
アーティスト・合唱団のみなさんもすばらしいです。
復興支援音楽祭のサイトでコンサートの動画が見られますが、
柏木さんのお話を聞いた後で見ると、
顔を上げて前を向いて歌っている高校生のみなさんの姿に
また感動が深まりました。  

Posted by あけみ at 23:13Comments(0)

2017年05月04日

NAOTOさん Spring Gift Tour

これまでゴールデンウィークは、
live image の地元公演に行くことが多かったのですが、
今年は開催がなく・・・
ちょうど祝日開催のNAOTOさんの
名古屋ブルーノートのライブに行ってきました。

NAOTOさんの演奏は1月に逗子で聞いていますが、
ご自身の名義のライブに行くのは何年ぶりでしょう?
客席は若い方ばかりかなぁ・・・・・・と思ったら
そうでもなかった(笑)
アーティストもお客さんも一緒に年を重ねているということですね。

バンド編成のライブで、キレのいいクールな演奏を楽しんできました。
立つ曲とか、手の振り、タオル回し、
お客さんがハンドクラップで参加する曲とかも、
「覚えて帰るんですよぉ~」と言われたので、がんばり(はてな)ました。


当日のアーティストカクテル



今回のツアーは東名阪の3回公演でしたが、
カクテルは各公演地の地元のものを使ったレシピになっているそうで、
この日は温州みかんでした。


最近話題のオリジナルカレー皿も、販売されていたので
実物を見ることができました。キラキラ
買うと、箱にサインしてもらえます。



いただいたフライヤーのなかには「二人旅」さんもハート1




そして、名古屋ブルーノートに行くといつもしているファン活動、
お店のアンケートの「公演を希望するアーティスト」に
柏木さんの名前を書いてきました。鉛筆
  

Posted by あけみ at 15:11Comments(0)ライブ

2017年04月30日

7/20 OTTAVA サマーコンサート2017

申し込んでいたチケットが届きました!
コンサートのフライヤーも同封されていました。






裏面の出演者のプロフィールを見たら、
全員が東京藝術大学出身でした。

席は全席自由で、チケットに整理番号もありませんので、
当日入場順に好きな席が選べると思います。

当日は、柏木さんのお誕生日ですね。顔2  

Posted by あけみ at 10:30Comments(0)ライブ

2017年04月19日

3大ヴァイオリニスト・コンサート

4/18 の地元名古屋公演に行ってきました。
個性的な3名のヴァイオリニストと、
音楽監督の羽毛田さん、今日のゲストのウェイウェイ・ウーさん、
そして別会場のゲストの西村さん、マチェックさんと、
ひとつのレーベルで、インストのミュージシャンだけで、
こんなコンサートができてしまうなんてすごいです、HATS。

今年は live image の公演数が減って、名古屋公演が無くなったのですが
3大ヴァイオリニストコンサートのほうは公演数が増えて、
パンフレットによると、来年もまた続きそうです。顔1

今年は柏木さんのソロコーナーはなく、
ストリングスのメンバーとしての参加です。

パンフレットに載っている、
バンドとストリングスのメンバーを書いておきますね。(敬称略)

音楽監督・ピアノ : 羽毛田丈史
ギター : 天野淸継
キーボード : 伊賀拓郎
ベース : 西嶋徹
ドラム : 渡嘉敷祐一
パーカッション : 仙道さおり
ヴァイオリン : 今野均、徳永友美、漆原直美、石亀協子、
           藤堂昌彦、森本安弘、城元絢花、芦田碧、亀井友莉
ヴィオラ : 生野正樹、亀田夏絵、長石篤志
チェロ : 西方正輝、柏木広樹

ステージに上がるのは、
1stヴァイオリン4名、2ndヴァイオリン4名、ヴィオラ2名、チェロ2名です。



すごく豪華なメンバーで、太郎さんは「オーケストラHATS」 なんて言ってました。
曲によっては、imageっぽい感じがしたりして。

西嶋さんはウッドベースとエレキベースの両方を使い、
西方さんは、楽器を持ち替える曲もありました。

ヴァイオリンの音だらけのコンサートですが、
演奏者、曲、アレンジの違いと、息抜き(?)のトークで、
最後までずっと楽しめました。


開演前の会場に、出演者のオリジナル曲が順に流れていましたが、
「CASA FELIZ」が聞こえたときは、うれしかった・・・ハート3

会場で「Cellos LIFE」が販売されていて、
購入すると柏木さんのサイン色紙がもらえます。
葉加瀬さん、古澤さん、高嶋さんは握手会がありました。

当日もらったサンデーフォークプロモーションさんのコンサート案内に
「二人旅」さんのおなじみの写真がびっくり

  

Posted by あけみ at 00:53Comments(0)ライブ

2017年04月16日

Talk&Live!

4/11 柏木広樹&越田太郎丸デュオ Talk & Live @ GRECO

1st
Choro Prelude (J.S.Bach)
ブラジル風バッハ第2番第4曲
 「O Trenzinho do Caipira 田舎の小さな汽車」(Villa Lobos)
Ballad For Zawinul (Yuri Popoff)
オシツオサレツ (柏木広樹)
地平線の向こうで (柏木広樹)

2nd
Trio (越田太郎丸)
ペドロ (越田太郎丸)
Glorious Future (柏木広樹)
Rabo de Nube (Silvio Rodriguez)
CASA FELIZ (柏木広樹)

アンコール
おだやかな午後 (柏木広樹)


昨年も春と秋の“GRECO Strings Festival” で
Talk & Live は2回ありましたが、
今年の春の Strings Festival 期間は
お二人のスケジュールが合わなかったということで
今回単発での開催となりました。

トークが多めではありますが (何せTalkが先、&Live)
チェロは完全生音でしたし、
お久しぶりの曲や、柏木さんの演奏で聞くのは初めての曲もあって
聞きごたえもたっぷりあるライブでした。

「田舎の小さな汽車」は、汽車が走るシュッシュッという音や
ポッポーッという汽笛をチェロでやってて楽しかったです。
そこから「森林特急」を作ったときのお話になったり。

「Rabo de Nube」(ラボ・デ・ヌーベ 雲の尾っぽ)は
ずっと前からお二人の Talk & Live でよくやっていた大好きな曲。
美しくて、切なくて、懐かしくて、
聞きながらじーーんとしてしまいます。

柏木さんの曲でも、最近は演奏されることが少なくなった曲を
思いがけず聞けたりすると、
いろんなことを思い出したり、
やっぱりいい曲だなぁ・・・なんて思ってうれしいです。

トークの方は、毎回どんな風になるのかわからないのですが、
今回は、
柏 「こんなにマジメでいいの?」
越 「いいよ、たまには」
というくらい、楽器や演奏や曲などについて
ちゃんとした(笑)興味深い話がいっぱい。
弦楽器あるある、インストあるある、的なトリビアだらけでした。

時代によって、オーケストラによって、国によってピッチが違うとか、
季節(湿度)によって楽器にどんな影響があって
どんな調整をするのかとか、
はじめて作曲したときのお話とか。
大学時代にバロック研究会に参加されていたお話とともに、
古楽器のチェロ(エンドピンが無い)の弾き方の実演も。
発音が遅いチェロが、アンサンブルのレコーディングで
どうやってタイミングを合わせるかとか。
あとは、
同じ音程の音でも弦によって音色が変わること、
ボウイングのアップ・ダウンや
弦に触れる弓の毛の量によっても音が変わることなどを
いろいろ実演して見せて、聞かせてくださいました。
さらりと弾いてくださるんですが、
いい音だから違いがよくわかります。

マジメなお話もマニアックなネタも、
おもしろおかしくてわかりやすい。
お二人ともさすがです。

会場のグレコさんは住宅街にある一軒家で、
ライブスペースはリビングとかサロンのようです。
今回も、間近で演奏を聞いて、トークで笑いに包まれた
アットホームなライブでした。


当日の、アーティストのネーミングによるオリジナルカクテル。
オーダーするとき笑えますが、おいしくいただきました。

  

Posted by あけみ at 22:42Comments(0)ライブ

2017年04月16日

ラジオ日本「Hello! I, Radio」生出演

4月4日のラジオ日本「Hello! I, Radio」、
二人旅のお二人が生放送に出演ということで、
radiko のタイムフリーサービスで聞きました。

柏木さんはこの番組に、
「Partiendo」のレコーディング直前の1月に出演されていて、
パーソナリティの栗原美季さんとも最初からお話がはずみます。

まずは、ユニット名のお話から。

「ケンちゃん、二人で旅をしようよ」 ということから始まった二人旅、
何年もやってきて、デュオのCDを出すことになって、
ユニット名を決めないといけなくなり、
そのまま「二人旅」というユニットになっちゃった、そうです。

二人の出会いのきっかけについて。

10代の大学生の時に学校で知り合って、
打ち上げの飲み会とかで会っていたけれど、
一緒に演奏することはありませんでした。
20年ぶりくらいに初めてデュオをしたのが2008年のクリスマス。
何で今まで一緒にやらなかったんだろう? ということになり、
「じゃあ、ケンちゃん旅に出よう」 と、すぐ旅の発想になりました。
お互いのマネージャーも付けず、二人だけで旅をしています。
マネージャーは移動のチケットとホテルの手配をしてくれて、
JRとかのチケットを20枚くらい持たされて、
一枚ずつ減らしていく・・・みたいな旅です。

アルバム「Partiendo」について。

普通、2~3年めとかにCDを作るんだけど、
旅ができているからいいか、という感じでした。
けれど、お客さんからの「CDをいつ出すんですか?」 という
声が大きくなったので作りました。

ここまで主に柏木さんがしゃべっていましたが、
ここで、光田さんがきっぱりと
「二人合わせて99歳のデビューアルバムです。」

「Partiendo」(アルバム)から「Partiendo」(曲)がかかりましたが、
曲の途中で、緊急鉄道情報が。
事故による運転見合わせのニュースでした。さすが生放送。

続いて、曲の共作について。

(柏木さんから)
自分がメロディを途中まで書いて、
「後はよろしく」と、メールで楽譜を光田さんに送ります。
光田さんが、メロディを足したり、順番を変えたりして
曲を作って、2~3日後に柏木さんに送り返します。
そして、柏木さんが光田さんの家に行って音を出して合わせる。
そこから先は大きな変更はあまりなくて、だいたいできちゃう。
光田さんの譜面は理論立ってちゃんとしてるから
文句のつけようがない。
それをどうやって自分の演奏力で自分の出したい表現に変えるかが楽しい。

「Partiendo」のレコーディングについて。

(柏木さんから)
レコーディングはクリック(メトロノーム)とかは無くて
テンポも揺れます。
一緒に「せーのっ」で音を出す、ピアノとチェロと歌の会話。
(光田さんから)
スタジオの響きがすばらしいところなので、
いい演奏を引き出してくれる環境でした。
そんな力も借りて、いいアルバムになったと思います。

お互いの魅力について。

(光田さんから見た柏木さん)
普通のチェリストと違います。歌い方が深い。
叫ぶような歌い方もするし、テノールの歌手に近い。
でも、エレキギターのような音も出すし、
こういうチェリストはあまりいません。

(柏木さんから見た光田さん)
全部ファンタジーにしてくれる。
自分が作ったものが平面図だったら、立体図にしてくれる。
自分が立体図まで作っていたら、色を付けてくれる。
自分の音楽に足りない要素や、
もっとあったらいいなという要素が
手が届く位置にいつもいる。

リスナーからのお便りにこたえながら、自分たちの音楽について。

受け止めてくれる人が、日常のいろんなことで
時には音楽を聞きたくなくなることもあるかもしれない。
そんなときも、僕等の音楽がいずれは届くだろう、
音楽の力は必ず発揮できる、という想いで奏でています。
はしゃいでるだけじゃなくてね。(笑)

最後に、番組の終わりにかかる曲「そして僕等は旅をする」の紹介。

この曲は二人のメッセージという気持ちで作りました。
人生はそのまま旅のようなもの。
僕たちの音楽を愛してくださるみなさんも、
これから音楽を通して出会うみなさんも全部含めて、
僕等は人生という旅をしているんだ、
そしてまた笑顔顔2で会いたいね、
という気持ちを込めて作りました。

そして二人旅のこの後のツアー日程や
二人旅スペシャルライブのご案内、
それぞれのソロコンサートのご案内もありました。
20分というたっぶりとしたコーナーでしたが、
ライブの時と同じく、
お二人の、内容は深いのにテンポのいい掛け合いトークで、
とても短く感じる楽しい時間でした。  

Posted by あけみ at 13:58Comments(0)

2017年04月07日

3大ヴァイオリニストコンサート

チケットを取ったときはまだまだずっと先と思っていましたが、
3大ヴァイオリニストコンサートのツアーが来週から始まります。
今週はリハーサル週間のようです。

柏木さんの出演を信じて、
メンバーが不明なまま、チケットを取りましたが・・・どうでしょうか??
もし柏木さんがご出演なら、
二人旅とあわせてダブルツアーびっくり

HATSのサイトで、ゲストの発表 がありました。
ゲストの西村由紀江さん、ウェイウェイ・ウーさん、マチェック・ヤナスさんは
出演日が分かれるようです。

地元の公演に行くのも楽しみですが、
今年も映像の収録があるといいなぁ・・・・ハート1  

Posted by あけみ at 00:38Comments(0)ライブ

2017年03月28日

二人旅@名古屋

二人旅の名古屋公演、私はファンクラブ先行予約で落選し、
一般発売でもチケットが買えなかったので、行けない・・・はずでした。
が、行けなくなった方のチケットをゆずっていただけることになり、
行くことができました。



この日は前半ツアーの最終日。
お疲れも相当のはずですが、
満席の客席のなか、熱い曲はより熱く、
トークも何だか妙にテンションが高め !? だったような。

DOXYのフェイスブック に写真があります。

この日もピアノが右、チェロが左でした。
そのほうが、顔を見なくても息づかいでコンタクトがとれるのだそうです。

アンコールの時には、柏木さんが光田さんに
背中合わせでくっつきそうなくらいに近づいて
「Partiendo」のジャケット風な位置で演奏するサービス。ハート1

地元公演という特別な思いと、幸福感と、
人のご縁をたどってチケットが私のところに来てくれたありがたさ、
これで私の二人旅が終わるなぁ・・なんてことも思って、
好きな曲のときには、ぐっときてました。

いまはウチで、楽しかった時間を思い出しながら「Partiendo」を聞いています。  

Posted by あけみ at 00:03Comments(0)ライブ