2018年08月13日

Hybrid Quartet


2018年8月11日(土)MT Milly's
Hybrid Quartet
啼鵬(vc,p,bandoneon) 柏木広樹(vc) 向井航(vc) 伊藤ハルトシ(vc,g)




啼鵬さんの企画による初めての「ハイブリッド・カルテット」のライブでした。
チェロの四重奏ですが、
啼鵬さんはマルチプレーヤーで今回はピアノとバンドネオンも演奏、
伊藤さんもチェロとギターの両使いということで、
楽器を持ち替えるハイブリッドなカルテットということだそうです。

私は他にも、
大学でクラシックを学んだ柏木さん、啼鵬さん、向井さんと
ジャズを学んだ伊藤さん、とか
オーケストラの活動が多い向井さんと、
バンド、小ユニットでの活動が多い柏木さん、啼鵬さん、伊藤さん、という
いろんな才能・経験を持った方々が合わさったという意味でも
ハイブリッドなカルテットだなぁ・・と思いました。




啼鵬さんのメンバー紹介は、客席から見て左から
1 向井さん:正統派。リードとして主にメロディを担当。
2 柏木さん:精神的支柱(最年長)。メロディとハーモニーを担当。
4 伊藤さん:チェロとギターでまさにハイブリッド。ハーモニーとベースを担当。
4 啼鵬さん:企画とアレンジ、チェロは主にベースを担当。


演奏曲はメンバーのオリジナルに洋楽、ブラジルなどで
クラシックはアンコールのみでした。

1st
Isn't She Lovely (Stevie Wonder)
Setembro (Ivan Lins)
His Eye Is On The Sparrow (映画「天使にラブソングを 2」より)
Django (John Lewis)
Englishman in New York (Sting)
大地を繋ぐ樹の下で (柏木広樹)

2nd
ウォーキング・モモンガ (啼鵬)
スリーピング・モモンガ (啼鵬)
航海記(柏木広樹)
Libertango (Astor Piazzolla)
along with you (啼鵬)

アンコール
Lascia ch'io pianga (私を泣かせてください ヘンデル オペラ「リナルド」より)


1st は譜面に書かれたとおりに弾いていたそうですが、
2nd は楽器の持ち替えがあり、アドリブもたくさんありました。
「ウォーキング・モモンガ」 はチェロ三人と啼鵬さんのバンドネオン、
「スリーピング・モモンガ」 はチェロ三人と伊藤さんのギター、
「航海記」 はチェロ二人と啼鵬さんのピアノと伊藤さんのギター、
「Libertango」 はチェロ二人と啼鵬さんのバンドネオンと伊藤さんのギター、
「along with you」 はチェロ三人と啼鵬さんのピアノ、でした。

トークは啼鵬さんが司会進行でしたが、全員がマイクを持って
爆笑モノの “チェロあるある” がいくつも出てくる・・・顔2

個性的すぎるチェリスト4人が、楽しそうにアンサンブルしてて、
チェロの音をいーーっぱい浴びて、ワクワクのアドリブもあって、
見ても聞いても楽しいライブでした。
柏木さんから 「弾いてて、チェロ同士にしかわからないニヤッハート1 がある」
なんてお話もありました。

ご出演者の皆さんは 「またやりたい」 と思われたそうですし、
私もまた聞きたいびっくりと強く思いました。
柏木さんの2曲も新鮮なアレンジで聞けてよかったし、
ライブを重ねていってレパートリーが増えて、
定番曲もできてくるとさらにうれしいなぁ。

啼鵬さん、ぜひ再演をよろしくお願いします。顔1
  

Posted by あけみ at 22:14Comments(0)ライブ

2018年07月28日

夏の嵐

この夏は、豪雨に猛暑、さらに台風と、とても厳しい日が続いていますが、
そんな中、夏の嵐のおはなしです。

「夏の嵐」は1989年放映の昼ドラで、
G-クレフがテーマ音楽を演奏しました。
私はその頃G-クレフを知らなくて汗・涙1汗・涙1
ドラマも見ていませんでしたが、
先月末から今月にかけてCS放送で一挙放映がありましたので、
初めて見ることができました。

G-クレフも演奏シーンで出演していることは知っていたので
全回録画して、どの回に出てくるのかとわくわくしながら
ドロドロの悲恋ドラマを見ました。

G-クレフは全70回のうち51回に出演していました。




出演者名にG-クレフも。




出演はパーティシーンの生演奏カルテットとして。
演奏した曲は、「チャールダーシュ」と「夏の嵐のテーマ」をちょっとずつ。




お若い柏木さんに会えました。



  

Posted by あけみ at 17:53Comments(0)

2018年07月20日

Happy Birthday !!!

今日7月20日は柏木さんのお誕生日。
キラキラ おめでとうございまーす キラキラ

今年は生誕50年の節目の年ですね。
柏木さんがご自分の望むとおりの活躍をされて、
いいメロディがいっぱい降ってきて、
ますます充実した一年でありますようにびっくり

ツイッターやフェイスブックを拝見すると、
たくさんの仲間やスタッフのみなさんにお祝いされて、
柏木さんって、ホントにみなさんに愛されてますね。ハート1
そんなステキなシーンを見ると、
早くまたライブで、柏木さんにお会いしたくなりました。顔2
  

Posted by あけみ at 23:37Comments(0)

2018年07月16日

2018 夏の宴

柏木広樹 Cello Live 2018 「夏の宴」

2018年7月14日(土) 名古屋 SPADE BOX
2018年7月15日(日) 京都 Live Spot RAG

柏木広樹(vc) 天野清継(g) 越田太郎丸(g,Cavaquinho) 松本圭司(p)


1st
Choro Prelude (柏木さん・越田さんデュオ)
TSUBASA
シリウス (柏木さん・松本さんデュオ)
Bailes de Mascaras
いつか王子様が (柏木さん・天野さんデュオ)
Laurent

2nd
Voz da Floresta (柏木さん・天野さん・越田さんトリオ)
Amazon River
子犬のショーロ
Heart to Heart
Torbellino!
A Day To Remember

アンコール
Smile for You

ダブルアンコール
(名古屋) 月からの使い
(京 都) 感謝の気持ちを込めた即興


夏の恒例となった“夏の宴”ライブ、
今年はベースとドラムがいなくてギターがお二人という変則編成でした。
きっちり練られたアルバム発売記念ライブでなく、
アコースティックな二人旅でもない、
何が出てくるかわからない、セッションライブのような楽しさがありました。
個性的なギターの名手がお二人いらっしゃるのもぜいたくでした。


1stは、メンバーさんそれぞれのご紹介コーナー風の選曲。
まずは越田さんコーナーで2曲。
「Choro Prelude」 はやっぱり越田さんのギターが一番しっくりきます。
「TSUBASA」は越田さんの最新のひとつ前のアルバム「TSUBASA」のタイトル曲。
チェロがメロディを弾くのもとても合っていました。

続いて松本さんのコーナー。
「シリウス」は、これまでよく聞いていた光田さんのピアノとは
違う星空が見えたように思いました。キラキラ2
「Bailes de Mascaras」 は松本さんのブラジル要素多めの曲。
「太郎丸さんがいるから、ブラジルテイストの曲をやろう」 と選ばれたそうです。
思わず体が動き出す、軽快な曲でした。

最後は天野さんのコーナー。
「いつか王子様が」は「Deja vu -Cello de Cinema-」に
収録されているのも天野さんのアレンジですが、ジャジーでカッコイイ!
天野さんのソロ中は柏木さんはピチカートでベース。
「Laurent(ロレント)」は天野さんの旧作で
葉加瀬さんの2000年の「VIOLINISN」に収録されています。
その頃の葉加瀬さんのツアーでよく演奏されていて、
私も思い出がいっぱいの大好きな曲。
ライブで聞けてめちゃうれしかったびっくり
この曲の紹介のときのお決まりトークが今回も。
タイトルのロレントは天野さんの米国留学時代の
フランス人の男性のお友達の名前。
柏木 「もしかして、そっち?」
天野 「いやいや、そんなんじゃなくて」
柏木 「だって、普通タイトルにオトコの名前付けないでしょ。
    タロマとかケイジとか付けないもん。」
曲紹介は爆笑でしたが、演奏はもう
せーの!でバシッと始まって、びゅんびゅん飛ばして
全員のソロもあって、すごーい! 聞けてよかった!

2ndのはじめの2曲は森の曲。
「Voz da Floresta」 は日本の森。
弦楽器だけの三人での演奏でしたが、越田さんは
カバキーニョ(ウクレレみたいなブラジルの小型ギター)を演奏して、
その軽やかな音は木漏れ日やせせらぎや、鳥のさえずりのよう。

続いての「Amazon River」は濃密なブラジルの森。
柏木さんは 「こんな曲が書けたら、音楽人生終わってもいいかな」
と思うくらい大好きな曲だそうですが、
「実際に書けたとしてもやめないんですけどね。書ける気もしないし。」
ということだそうですのでご安心(?)ください。
この曲では弓を持ち替えて、弓で弦をバシバシ叩く奏法(?)をしたり、
柏木さんの激しいんだけど切ないアドリブソロがたーーっぷりあって
ぐっと引き込まれます。
こんな濃い大曲はめったに聞けないので感激でした。

次は、ワンちゃん関係が2曲。
「子犬のショーロ」 は、越田さんのカバキーニョはもふもふした子犬の感じ、
松本さんのピアノはきゅんきゅんした愛らしい子犬の感じ、
など全員のソロがあって、いろんな子犬が元気いっぱいでした。

「Heart to Heart」 は盲導犬を増やそうというコンサートのために書かれた曲。
メロディをギターの二人が分け合い、
コーラスも天野さんと越田さんでした。

さいごは盛り上がる曲の連発。
「Torbellino!」は、はじまりのフラメンコギターっぽいところは越田さん、
途中のソロは天野さんと松本さん。
「A Day To Remember」も松本さんのソロがあって、
楽しく大盛り上がりで終了矢印1

アンコールの「Smile for You」はお客さんがコーラスで参加。
事前に練習がありましたが、名古屋でも京都でも
みんなで大きな声で歌って、いい感じ。
ちょっとテンポ速めの演奏でノリノリの上に
手拍子とコーラスでテンション上がりっぱなしの客席から、
拍手と歓声が止みません・・・・・・・・・

ということで、ホントに予定になかったようですが
名古屋でも京都でもダブルアンコールがありました。顔2
柏木さん、私たちのめいっぱいの拍手に応えてくださって
ありがとうございました。ハート1


秋の宴はメンバーが増えて、さらににぎやかになりそうですねぇ・・・♪
  

Posted by あけみ at 23:51Comments(0)ライブ

2018年07月11日

7/8 柏木広樹チェロコンサート with 榊原大 guest 小沼ようすけ




2018年7月8日(日)
柏木広樹チェロコンサート with 榊原大 guest 小沼ようすけ
かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール

1st
月からの使い(柏木さんソロ)
Trio No.1 (柏木さん・榊原さんデュオ)
子犬のワルツ~子犬のショーロ (柏木さん・榊原さんデュオ)
郵便局 (トリオ)
夜想曲-1月- (柏木さん・榊原さんデュオ)
シリウス (柏木さん・榊原さんデュオ)

2nd
ラプソディ・イン・ブルー(柏木さん・榊原さんデュオ)
Flyway (柏木さん・小沼さんデュオ)
Beyond The Sea (トリオ)
Amabile (トリオ)
Vitamin Color (トリオ)

アンコール
Smile for You (トリオ)


小沼さんと柏木さんとは初共演だそうです。
小沼さんの登場は1stは1曲だけ、
2ndではトリオの演奏がたっぷりでした。

まず最初は柏木さんのソロから。
豊かな響きが気持ちいい。。。顔1

続いて榊原さんが登場して、まさかの「Trio No.1」。
柏木さんの1stアルバム「I'M HERE」に入っているかっこいい曲。
アルバムと同じ榊原さんのキレキレのピアノで生で聞けるとはびっくり

そして「子犬のワルツ」に続いての「子犬のショーロ」は
弾き終わった榊原さんから「ムズイ顔4」との感想が。
ワルツもショーロも、元気にコロコロとよく動くかわいい子犬でしたよ。

ここで小沼さんが登場してトリオで「郵便局」。
小沼さんはアコギとエレキと両方お持ちでしたが、この曲はアコギで。
すぅ~~っと透明感のある音で、
鳥とか空とか風のイメージのこの曲にぴったりでした。

1stセットは残りあと2曲、休憩前のこの絶妙なタイミングで
新作グッズ「柏茶」の宣伝がらみのトーク。

1stセットのさいごは、榊原さんのオリジナル「夜想曲」と
「シリウス」という、夜の曲コーナー。
どちらの曲もメロディをじっくり味わいながら
弾いて、聞く・・という感じでした。
お客さんがみなさん大人で、
最後の1音、そして残響、余韻まで味わい尽くしてから
拍手が起こっていました。

2ndも最初は柏木さんと榊原さんのデュオから。
「ラプソディ・イン・ブルー」は榊原さんのアレンジ。
ビシッと飛んでくる音や、くっきりつぶつぶだったり、
キラキラだったりと、榊原さんらしい音を存分に楽しめました。
チェロのソロもありました。
大曲ですが、がっつり男っぽいエネルギッシュな演奏でした。

次の2曲は小沼さんのオリジナル。
まずは、柏木さんと小沼さんのデュオで「Flyway」。
にっこり顔2アイコンタクトをしながら、
メロディを分け合って弾きながら、
お二人ともいいお顔でした。

榊原さんが戻って、ここからさいごまで三人で。
小沼さんの「Beyond The Sea」は、
ジャズセッションをしているような
みんなで語り合っているような曲。
小沼さんはエレキギターでした。

続いての「Amabile」は榊原さんのオリジナル。
タイトルは、甘く、優しくといった意味だそうです。
チェロとエレキギターでゆったり始まって、
ピアノが入ってアップテンポしていくのですが、
二人のときも三人のときも、
なんか色っぽい大人な演奏でした。

最後は元気に「Vitamin Color」。
榊原さんと小沼さんのソロがあって、
大盛り上がりで終わりました。

アンコールの「Smile for You」は
演奏の前にコーラスの練習があって、
お客さんが声で参加しました。
練習は少しだったのに、
みなさん大きな声を出して、いい感じでした。
やっぱり歌える曲があると楽しいなぁぁぁ矢印1


終演後はお三方全員のサイン会がありました。
「柏茶」の缶にもサインをしていただけるということで、
柏木さんのところはとても長ーーい列。
私もサイン・握手をしていただいて、
すこしお話もできてうれしかった。ハート1


ステージの配置は、中央にピアノ、下手にチェロ、上手にギターでした。




小沼さんが、ヴァイオリン・チェロに憧れて、似せて特別に作ったギター。
こう見えて、エレキギターです。




佐藤竹善さんからのお花。初夏らしいビタミンカラー。




この会場では昨年に続き、今回もほぼ満席の大盛況でしたが、
また次のコンサートも行われることになっているようです。
メンバーを変えながら、この会場でのコンサートが
恒例になっていくんでしょうか・・・? 楽しみですキラキラ
  

Posted by あけみ at 23:47Comments(0)ライブ

2018年07月07日

榊原大さん ソロコンサート


きのうは、榊原大さんのソロコンサートへ行ってきました。
名古屋でのソロは初めてでしたが、
これから各地でソロコンサートを増やしていきたいと言われてました。

大さんのオリジナル曲を中心に、カバー曲や
木村大さんと出された新譜からの曲もありました。

2nd にはリクエストコーナーがあって、
当日募集したリクエストの中から3曲が演奏されました。
私が聞きたいと思っていた旧作の名曲や、
普段のライブでは演奏されることの少ない
ジャズのスタンダードも聞けてうれしかったです。
休憩時間にパソコンから譜面をプリントするのに
“てんやわんや” だったそうですが・・・汗・涙1

会場の 5/R Hall & Gallery は音がよくて
ウッディなあたたかい感じの、程良い大きさのサロン的なホール。
柏木さんの音文ライブが行われたこともあります。

入場したら、ピアノの位置にびっくり。



向きがいつもと逆です。
1st はこのまま演奏して、
休憩時間中にくるりと回って・・・



2nd はいつもの向きに。



お客さんから、鍵盤・手元が見たいというご要望が多くて、
より多くの方に見えるように、ソロコンサートでは
1st と 2nd で向きを変えることがあるそうです。
手元ばかりかお顔もいろんな席からよく見えて、
とってもうれしいサービスですね。
1st の、いつもと逆向きのほうは
低音の響きがより豊かに楽しめるように感じました。

この会場、大さんに気に入っていただけたようなので
またソロコンサートやアコースティックな小編成のライブを
やっていただけるといいな。顔2

  

Posted by あけみ at 22:46Comments(0)ライブ

2018年07月01日

葉加瀬さんの新譜

葉加瀬さんの新譜 「ALL TIME BEST」 リリースの発表がありました。

今年は、この何年か続いた葉加瀬さんのアニバーサリーイヤーの
最後となる(で、いいのかな?)、生誕50年の節目の年。
新譜は、クライズラー&カンパニー時代を含めたデビュー以来の
ベスト オブ ベストアルバム で、「情熱大陸」 と 「エトピリカ」 だけは新録です。

通常盤がCD1枚で16曲収録。
豪華盤がCD2枚組で33曲収録。
ローソンHMV盤がCD3枚組で50曲収録。

で、ローソンHMV盤だけに付いている DISC3 に
柏木さんの曲 「CAÇADOR」 が入っています。イェーイチョキ

なので、私はローソンHMV盤を買いますよ、少し高いけど。汗・涙1

ローソンHMVのサイト に収録曲などの情報があります。


9月からはじまる葉加瀬さんのツアー、
柏木さんが出演されると信じてチケットを取っていますが、
どんなメンバーで、どんな曲が演奏されるんでしょうか・・・?
  

Posted by あけみ at 18:16Comments(0)

2018年06月29日

押尾さんのDVD

押尾コータローさんの 「15th Anniversary LIVE」 が届きました。



私は通常盤のDVD2枚組を買ったのですが、届いたのはかなり大きな箱。
DVDと一緒に何か厚紙が入ってる・・・と思ったら
予約特典のポスターでした。きちんと折りたたまれて。汗・涙1汗・涙1

で、さっそく見ました。Disc2のスペシャルセッションの映像から。
押尾さん、葉加瀬さん、柏木さんのトリオの演奏が見られるなんて
めちゃめちゃうれしい。顔5

さらに、The Making of "15th Anniversary LIVE" にも柏木さんがいっぱい登場びっくり
事前のリハーサルのようすに、
本番の日のサウンドチェックとリハーサル、
本番後の葉加瀬さん・柏木さんのインタビューも。
押尾さんのインタビューでも、柏木さんはしっかり褒められてました。チョキ

貴重な映像だらけで
押尾さん、ホントにありがとうございまーーーす ハート1
  

Posted by あけみ at 00:12Comments(0)

2018年06月24日

二人旅ツアー完遂

二人旅の2018年ツアーが、きのうで無事に終わりました。

柏木さん、光田さんお二人の
ご自分たちの音楽をより多くの方に届けよう、
しかも、自分たちからお客さんのところへ出向こう、
というこの企画、すばらしいです。チョキ
今年も初めての開催地が何ヶ所かあって、SoldOut が続発して、
たくさんの方が楽しまれたようで、よかったよかった。顔2

私は地元の名古屋のほか、
週末開催で日帰りできるところを中心に、何回か行きました。

今年のツアーのためにお二人で合作した新曲「Beautiful Days」が聞けたし、
名物コーナーの「音楽講座」は爆笑してたし、
光田さんの曲「いつでも歌を」では、
柏木さんの、コーラスじゃないガチなリードヴォーカルも聞けました。

セットリストは(基本的に)どこも同じなのに
会場ごとの空気の違い、アドリブのテイストの違い、
旅慣れたお二人からどんどん出てくる地元ネタのトークもあって、
何度行ってもそのたびに楽しかった。ハート3

ステキなオリジナル曲がいっぱいあって、
デュオなのにバンドみたいな室内楽みたいなすごい演奏をされる
一流の超多忙なアーティストお二人が
とてもフレンドリーに、「ただいま~パー」「今年もまたやってきました~顔1
って来てくれるの、すごくうれしいです。

これからもお二人が「ただいま~♪」って言える場所が増えていくといいな。
来年は二人旅にかこつけて、これまで行ったことのない場所へも、
ライブと観光の旅に行ってみたいなぁぁぁ矢印1
  

Posted by あけみ at 15:38Comments(0)ライブ

2018年06月20日

羊と鋼の森

映画 「羊と鋼の森」 を見てきました。

映画館がとても混雑していてびっくりしましたが、
どうやら「万引き家族」のお客さんが多かったようです。
「羊と鋼の森」のほうは、ゆったり見ることができました。
はじめはがさごそ、ひそひそしていた客席も
お話が始まるとすぐしーーんとなって、
耳をすまして見る、といった感じでした。

先に本を読んでいましたが、
自分のイメージよりずっとずっと美しい映像でした。
楽器店のようすとか、何度も出てくる森のイメージも。

調律のシーンは興味深く見ましたし、
パーティ会場での調律のエピソードは、
ライブ会場でも同じだよなぁ・・なんて思いました。

ある方が、ピアノ以外の楽器を演奏するシーンがありますが、
パンフレットを読むと、「実際に演奏できる状態まで練習しました。」とのことでした。
人気俳優さんなのでとてもお忙しいなか練習されたと思うのですが、すばらしいです。

作中でピアノ曲がたくさん聞けて、
エンディングテーマは久石譲さん作で演奏が辻井伸行さん。
余韻を味わいながらエンドロールの最後まで見て聞きました。
  

Posted by あけみ at 23:07Comments(0)