2018年11月12日

秋の宴



柏木広樹 Cello Live 2018 「秋の宴」

2018年11月11日(日) eplus LIVING ROOM CAFE & DINIG

柏木広樹(vc) 天野清継(g) 越田太郎丸(g,cavaquinho)
松本圭司(p) 石川智(per)


1st
Choro Prelude (柏木さん・越田さんデュオ)
TSUBASA
シリウス (柏木さん・松本さんデュオ)
Bailes de Mascaras
いつか王子様が (柏木さん・天野さんデュオ)
Laurent

2nd
Voz da Floresta (柏木さん・天野さん・越田さん・石川さん)
Amazon River
子犬のショーロ
Heart to Heart
Torbellino!
A Day To Remember

アンコール
Smile for You


夏の宴は名古屋と京都だけでしたが、いよいよの東京公演は
待ちに待ったかいがある、パーカッションの石川さんが加わった
さらに豪華なバンドサウンドでした。

セットリストは夏の宴と同じで、
1st は、メンバーさんそれぞれをたっぷりご紹介するような
デュオの演奏があったり、メンバーさんのオリジナル曲があったり。

「TSUBASA」 では柏木さんがピチカートでベース風の演奏をするなか、
全員がカッコいいソロ回し。

「シリウス」 では一転して、楽しいパーティをちょっと抜け出して
外に出てみたら冬の澄んだ星空がきれい☆・・みたいな。
(聞きながら妄想してました)

「Bailes de Mascaras」 は石川さんのパンデイロが入って
ブラジル感増し増し!

「Laurent」は元々激しめの曲ですが、
柏木さんから 「速めにやりましょう、若いところ見せないと汗・涙1」で、
せーのっ!でズバッとスタートして、テンポ速めに飛ばしました。
キメキメのユニゾンも、全員のソロ回しもカッコイイグッド
柏木さんは、弓くわえ奏法も出ました。

2ndのはじめの2曲は森シリーズ。
「Voz da Floresta」 では越田さんはカバキーニョ(ブラジルの小型ギター)を使って
鳥の声や軽やかな風を感じる演奏。
そしてトークなしで続いた「Amazon River」は
失われつつあるアマゾンの森を憂う切ない曲。
柏木さんの圧巻のソロは心が揺さぶられます。

続いての2曲は犬シリーズ。
「子犬のショーロ」 は全員のソロがそれぞれかわいらしい。
越田さんはカバキーニョ、石川さんはパンデイロで
コロコロ、もふもふの子犬が目に見えるようでした。
「Heart to Heart」 は松本さんのアドリブでの
静かだけどこれから美しいお話が始まる・・・感じのイントロがあって
ギターのお二人がメロディを弾く、この編成ならではのアレンジでした。

最後の2曲はバンドらしく賑やかな演奏で大盛り上がり矢印1

アンコールの 「Smile for You」は
お客さんが手拍子とコーラスで参加しました。
ラストは柏木さんが立ち上がって立ち弾き、からのエビゾリびっくり
やっぱりこのノリですよねチョキ
あーーーっ、楽しかったっハート3


柏木さんもライブ中のトークで言われていましたが、
これがご自分名義の今年最後のライブ。
来年も、チェロがもっと自由な楽器であってほしいという気持ちで、
チェロでまだまだいろんな音楽をやっていこうと思っています・・・
と言われていました。
来年はアルバムを出そうと思っています、といううれしいお話もありました。
お正月から曲作りをスタートされるそうです。
楽しみすぎます。顔5


この日は、ライブでしかお会いできない方や
とても久しぶりなお友達に、何人もお会いすることができました。
音楽を楽しむことと人が集うことも含めて、うれしい楽しい秋の「宴」でした。  

Posted by あけみ at 22:11Comments(0)ライブ

2018年11月10日

AmaKhaさん





前から気になっていたゴスペル・オリエンティッド・ユニット アマーカ の
名古屋初ライブがあったので行ってきました。

アマーカはヴォーカルの三科かをりさんとベースの箭島裕治さんのご夫婦ユニット。
今回はピアノの西直樹さんとドラムの岩瀬立飛さんがサポートでした。

もう、三科さんの歌がパワフルでソウルフルで圧巻びっくり
立飛さんのドラムにも負けてません。

私の好きなゴスペルをはじめ、スタンダード、ポップスにオリジナルもあって
5拍子が特徴的なスタンダードを3拍子に変えたり、
超有名なしっとり系の曲がレゲエ風になったり、
アマーカ風のアレンジもおもしろかった。

仕事の予定があったり、秋の宴の前だし・・・って思って
予約するのが遅くなってしまったけど、行ってよかったぁ。顔2
売っていたCDはタイムリーなことにクリスマスソング入り。
即買いしました。♪  

Posted by あけみ at 15:30Comments(0)ライブ

2018年11月03日

天野さん ♪

地元で天野さんの新ユニットのライブに行ってきました。

11/2 Live DOXY 天野清継「KAMSTOKK」
天野清継(g) 太田剣(sax) 須藤満(b) 菅野智明(ds)




私は弦楽器やアコースティックのライブに行くことが多いですが、
ナイスミドルの超絶テクニシャンの皆様がたの
速い・激しい・バリバリエレキな演奏を浴びてきました。

天野さん「今日はエレキのみでギンギンにいきます!」
ギンギン・・・って久しぶりに聞きましたぁ。顔2

もう、1ライブあたりの音数の多さが今年最高でした。(当社比)

3曲続けて弾いたあとのトークで天野さんがお客さんに
「みなさん、お疲れ様でした。」汗・涙1

いえいえ、何だか最近の仕事のモヤモヤが、
振り落とされたみたいな感じですっきり元気になりました。チョキ
ありがとうございました。ハート1
  

Posted by あけみ at 14:37Comments(0)ライブ

2018年10月15日

葉加瀬さんのコンサートツアー




葉加瀬さんのコンサートに今年はじめて、
東京出張と日程が合った市川市の公演に行ってきました。
この日もソールドアウトでした。すばらしい!

コンサートの内容はネタバレになるので書きませんが、
エキサイトミュージック に初日のレポが出ています。


今年はバンドスタイルで、メンバーは
鳥山雄司(ミュージックディレクター・ギター)
榊原大(ピアノ)
柏木広樹(チェロ)
川崎哲平(ベース)
玉田豊夢(ドラムス)
仙道さおり(パーカッション)
大島俊一(キーバード・サックス・フルート)
八巻誠(マニピュレーター)

川崎さん、玉田さんは情熱大陸ライブに参加されていたと思いますが、
葉加瀬さんのコンサートツアーは初参加です。

メンバーのみなさんのステージ上の位置がこれまでとはかなり変わっていて、
柏木さんがいらっしゃる場所も変わりました。




ツアーパンフレットに、今年のツアーのリハーサルの写真と、
去年のツアーのステージ写真が載っています。
去年の写真はとてもうれしいです。
柏木さんの写真はどれもとてもいい笑顔。顔5

そしてCDは「TODAY for TOMORROW」が売られていて、
購入するとサイン色紙がもらえるようになっています。
握手会は葉加瀬さんだけです。




今回も葉加瀬さんとメンバーのみなさんの素晴らしい演奏と
楽しいステージを堪能してきました。ハート3

年末までハードなツアーですが、無事に元気に完遂されますように!
地元名古屋の公演は12月でまだ先ですが、
また行けると思うと楽しみです。  

Posted by あけみ at 18:20Comments(0)ライブ

2018年10月14日

10/9 Talk & Live

GRECO Strings Festival 2018 Autumn
Taroma&Hiroki Talk&Live

2018年10月9日 GRECO
越田太郎丸(g) 柏木広樹(vc)




東京での Talk&Live のホームになりつつあるグレコさんで、
春に続いて秋のストリングスフェスティバルにお二人で出演でした。
太郎丸さんも柏木さんもライブやツアーサポートでお忙しいなか、
ストリングスフェスティバル中にご都合が合ってよかったです。顔5


演奏曲

1st
Fuse (越田太郎丸)
Baiao Barroco (Juarez Moreira)
キャラバン (柏木広樹)
Dodge The Dodo (Esbjorn Svensson)
TSUBASA (越田太郎丸)

2nd
Glorious Future~未来への飛翔~ (柏木広樹)
Harvest Time (Herbie Hancock)
Torbellino! (柏木広樹)
Ilha de Esperanca (柏木広樹)

アンコール
Twenty Years (越田太郎丸)


1曲演奏を終えた初めてのトークで柏木さんから、
「今日、曲を持ってくるのやめようかと思った、けど念のため持ってきた。」
という衝撃の発言が。
「だって、トーク&ライブだから。」(トークを強めに発音)

最近はトーク&ライブも、真面目に1st・2ndそれぞれ5曲ぐらいやるけど、
昔は1ライブ3曲とかのときもあったし・・・
たろま君が持ってくる曲だけでいいんじゃない?
と思ったそうです。
太郎丸さんに速攻却下されたそうですが。

で、柏木さんが持ってきた曲は最近は演奏されていない曲が多くて。
太郎丸さんの新作、
太郎丸さんがセレクトしたブラジル音楽の名曲、
柏木さんの旧作、
というセットリストになりました。

柏木さんの曲は、
「あれ? えーと・・これなんて曲だっけ?」と思いながら聞くのもあったり、
レポを書くために正確な曲名を見ようとしても、
「どのCDに入ってるんだっけ?」だったり。汗・涙1

柏木さんは久しぶりに演奏したい気分だったんでしょうか。


トークの方は、もはや定番(?)の健康のお話と、
柏木さんがタブレットを紛失されたという悲しいお話がぁぁぁ 顔16
葉加瀬さんのツアー中に撮影してまだSNSにアップしていない
メンバーさんたちのおもしろ・・いや、貴重なお写真があったそうで、
とてもとても残念がっていらっしゃいました。汗・涙 2


グレコさんでのトーク&ライブはいつもチェロは生音で、
レアな選曲でデュオとは思えない濃い演奏が聞けるのに
トークはぶっちゃけてる・・・という
盛大なギャップ萌えハート1が体感できるので毎回楽しみです。

また定期的にやっていただけるとうれしいなぁ。顔1
あまり悲劇的なトークネタは起こらないほうがいいですけどね。


ストリングスフェスティバル恒例のオリジナルカクテル
今回は、秋らしいネーミング。



  

Posted by あけみ at 18:41Comments(2)ライブ

2018年09月16日

3人の女性チェリスト



伊藤志宏 3 cello variation
9月15日(土) 名古屋Live DOXY
伊藤志宏(p) 平山織絵(vc) 井上真那美(vc) 島津由美(vc)

前から気になっていたこのユニット、
2nd アルバムリリース記念ライブが地元であったので行ってみました。

演奏曲は全曲オリジナル、
癒されるとか、元気になる、ハッピーになる・・・という曲ではなく 汗・涙1
変拍子が多く幻想的、抒情的で陰影を感じる曲が多かったです。クールびっくり

チェリストお三方がよく見える席をゲットできたので、ガン見しながら、
音色の違い、ハーモニーをたっぷり楽しみました。

お店はほぼ満席の大盛況、ツアー中は2days公演のところもあるようで、
志宏さんをはじめチェリストさんたちの人気すごい ♪
  

Posted by あけみ at 15:40Comments(0)ライブ

2018年09月09日

ハモカン!

2018年9月8日(土) Live DOXY
光田健一ハモリの森TOUR 2018 ザ・ハモーレ・エ・カンターレ「ザッツ・ロマンチカ!」
光田健一(vo,p)、長谷川友二(vo,g)、加藤慶之(vo)、荒井健一(vo)



光田健一さん率いるコーラスユニット、「ハモカン(ザ・ハモーレ・エ・カンターレ)」のライブが
地元名古屋であったので行ってきました。

私はハモカンのライブは初めてでしたが、
ファーストアルバム 「That's Hamoka-nize!」 の収録曲だけでなく、
たくさんのレパートリーの中から、
ツアーのテーマ 「ザッツ・ロマンチカ!」 に合わせた幅広い選曲で、
「えっ、こんな曲も !?」 っていう曲も
すばらしい声のハモリで表現されて、オドロキと感動でした。☆

エンターテイメント性とサービス精神たっぷりの企画コーナーもあって、
お客さんがコーラスに参加できる曲もあって、
めちゃめちゃ楽しかった。顔2

名古屋は、昼・夜の1日2公演でした。
昼の部は12時開場なので、
その前にリハーサルとサウンドチェックだったと思うのですが、
午前中から声を出すって、たいへんなんじゃないでしょうか?
私は昼公演の方が行きやすかったのでありがたかったです。

終演後にはサイン会と、
光田さんのファンクラブの方は集合写真の撮影があったようです。
集合写真いいなぁ・・・ハート1


ライブの当日気づいたのですが・・・
ハモカンは昨年、ファーストアルバム発売間近ということで
「ハモカナイズ・マヂカ!」 というツアーを行ったのですが、
私はそれを、「えっ、うそっ、マジ?」 っていう方の
「ハモカナイズ・マジか!」 というツアーだと思ってました。。。マジか、自分 顔4
  

Posted by あけみ at 16:16Comments(0)ライブ

2018年09月04日

池袋コミュニティカレッジ

柏木広樹のトーク&ライブ 『チェロの多様性を語る』

2018年9月2日(日) 池袋コミュニティ・カレッジ
講師 柏木広樹(vc) ゲスト 越田太郎丸(g)



今回はライブではなくカルチャースクールの“講座”ということで
どんな感じなんだろうと、楽しみにしていました。
当日、コミュニティ・カレッジに着いて受付で教室の場所をおたずねしたら、
「はい、本日の柏木先生の講座ですね(にっこり)」 と言われまして
そうか、今日は柏木さんは “先生” なんだ・・・顔2

内容は、先に講話が約1時間、
その後ゲストの越田太郎丸さんを迎えて演奏が約30分でした。

講話は、楽器としてのチェロの特性のほか、
ご自身のキャリアのお話とともに
チェロの多様性をわかりやすく親しみやすく語られました。

チェロを始めた少年のころ、恩師との出会い、
憧れのチェリストの追っかけ、
クラシック以外の音楽への傾倒、
チェロよりスポーツに打ち込んだ時期を経て
チェリストになろうと決意したこと、大学受験、
大学での出会いとG-クレフの活動、
G-クレフ解散後にまた基礎練習の取り組み、
ソロ活動と、新たな仲間とブラジル音楽との出会い、
作曲とアルバム制作・・・などなど

これまでインタビューや、ラジオやライブのトークなどで
断片的に聞いたことがあるエピソードを
その時のお考えやお気持ちとともに通してお聞きして、
チェロはもちろん、柏木さんご自身の “多様性” もよくわかりました。
真面目な努力家だけど柔軟に新しいことにチャレンジされる、
人とのつながりを大切にされる、すばらしい方だということも。

講話とはいえ、ユーモアいっぱいのいつもの軽妙な語り口に、
客席、じゃなくて受講生から何度も笑いがおこる
和やかで楽しいお話でした。顔5

後半の演奏は

月からの使い(ソロ)
ショーロ・プレリュード
BEBE
エトピリカ・情熱大陸 ダイジェスト
航海記


まずは柏木さんのソロで「月からの使い」。
チェロがいい音で鳴っているのがよくわかりました。
次からは太郎丸さんを迎えて
太郎丸さんとの出会いと、ブラジル音楽のお話があり、
「ショーロ・プレリュード」 と 「BEBE」 の2曲。

続いては、講座ならではの激レアな演奏。
チェロは音域が広く、メロディ・内声・ベースといろいろできます
というお話のなかで、内声・ハーモニーの役割について。
“葉加瀬さんのコンサートで、チェロは何を弾いているのか?”
の実演として、「エトピリカ」 と 「情熱大陸」 のチェロパートをダイジェストで。
知っている曲なのに、ヴァイオリンのメロディなしでチェロだけ聞くと、
何じゃこれはてなっていう演奏になりますねぇ。おもしろかった。

最後は曲づくりのお話も交えて 「航海記」。
演奏前に、核となるメロディとその展開の説明もありました。


“講座” なのでアンコールはありません。
・・・が、サイン会はありました。


ライブと違って、コミュニティ・カレッジで初めて柏木さんのことを知って
受講された方もたくさんいらっしゃったようですので、
柏木さんが目指す 「チェロのことをもっと知ってもらう」 には
とてもいい機会だと思いました。
今回もお話されたいことはまだたくさんあって、時間が足りなかったようですので、
また違ったネタ・・・じゃなくてテーマ?で開催されるといいですね♪

  

Posted by あけみ at 17:25Comments(0)ライブ

2018年09月01日

純名里沙さんライブ@名古屋ブルーノート

純名里沙 tour 2018 「う・た・が・た・り」

2018年8月25日 名古屋ブルーノート
純名里沙(vo) 笹子重治(g) 柏木広樹(vc) 林正樹(p)




演奏曲(共演者)

月と散歩 (笹子さん、柏木さん)
ヒールを脱いで (笹子さん、柏木さん)
蘇州夜曲 (林さん)
奥様お手をどうぞ (全員)
黄昏のビギン (全員)
風を感じて (林さん)
歌詞朗読~かさぶた (笹子さん)
耳に残るは君の歌声 (笹子さん、柏木さん)
かわいくてごめんね (笹子さん、柏木さん)
知りたくないの (笹子さん)
テネシー・ワルツ (全員)

アンコール
My Romance (全員)
子どものように (全員)


今回はアルバム発売記念ライブなので、
アンコールの 「My Romance」 以外は
すべて新譜 『う・た・が・た・り』 から。
「My Romance」 だけ英語でした。

曲によって共演者が変わり、柏木さんは降り番もありましたが、
純名さんの表現力のある艶々の声と、
最少人数でのメンバーのすばらしい演奏に、
うっとり豊かな時間をすごしました。ハート3

すばらしすぎるメンバーに純名さんが付けた名前が 「福耳トリオ」。
聞いていて耳が幸せハート1 だから・・・という意味だそうですが、
私は “耳たぶが大きくふっくらしていて、金運に恵まれる相” の方だと思って
お三方のお顔を見まわしてしまいました。顔2

名古屋ではサイン会はなく、純名さんと柏木さんのCDを買うと、
サイン色紙がもらえるようになっていました。
アーティストグッズもおしゃれで、
純名さんのお名前がプリントされたTシャツは
デザインも色もとてもステキでしたが・・・着る勇気がなく、
手帳を買いました。





ライブの内容とは関係ないのですが、
歌が終わるとすぐ拍手をする方がいらして、
「ブラヴォー!」のキモチのあまりに、だと思うのですが、
まだ演奏中なのに・・・・
インストファンとしては、
「歌の余韻を味わいつつ、演奏も最後の一音まで聞いてね汗・涙1
って、思ってました。ココロの中で。  

Posted by あけみ at 17:58Comments(0)ライブ

2018年08月26日

8/22 Receita de Canja @GRECO

2018年8月22日(水) Receita de Canja GRECO



この日は太郎丸さんの50歳のお誕生日の前日で、
トークでご紹介がありましたがメンバーは
越田太郎丸(g) 40歳代
真部裕(vl) 30歳代
柏木広樹(vc) 50歳代
木川保奈美(per) 20歳代
という、幅広い世代が集まってのセッションでした。

セッションリーダーの太郎丸さんの司会進行で、
演奏曲は太郎丸さんの曲多めで、ほぼメンバーオリジナル曲でした。

1st
AL AIRE (越田太郎丸)
Slow life with Sunshine (真部裕)
Round Round (越田太郎丸)
Igreja -君の神さまのいるところ- (木川保奈美)
Gostou? Gostei! (柏木広樹)

2nd
Fuse (越田太郎丸)
PIPOCA (Hermeto Pascoal)
7th Lock (越田太郎丸)
TSUBASA (越田太郎丸)
Smile for You (柏木広樹)

アンコール
Good Day (真部裕)


みなさんご自分の曲のときは主にメロディを弾きますが、
セッションライブらしく、このメンバーならではの
メロディの弾き分けがあったり
柏木さんはベース的な演奏あったり、
ソロ回しもたくさんあって楽しかった。ハート1

木川さんは、柏木さん、真部さんとは初共演。
小柄でキュートな見た目で演奏はパワフル、
特にパンデイロがすばらしかったです。
作曲もされて(変拍子好き)、オリジナル曲(7拍子)もステキでした。
事前に演奏予定曲をしっかり研究されていたようで、
キメもビシッとはまって気持ちよかったです。

唯一のカバー曲「PIPOCA」は木川さんのセレクト。
「BOSSA DO MAGO」でよくやっていたと
太郎丸さん、柏木さんが言われてました。
セルジオ・メンデスの「ブラジレイロ」という
アルバムに入っているというお話があったので、
調べたら YouTube にありました。


この日はオリジナルカクテルがあって、
ネーミングはもちろん太郎丸さん。
メニューの写真ではわかりにくいですが、
実際のカクテルは下の方が紫っぽい色で、
金足農業のユニフォームの色をイメージしてカクテルを作っていただいたそうです。




そして、サプライズ企画で、
太郎丸さんのお誕生日のお祝いもしました。
あるお客さんがケーキをご用意されていて(すばらしいびっくり)、
柏木さんが休憩時間に客席に来られて、
太郎丸さんにはナイショで段取りをみんなに説明。顔2
アンコールのときにお客さんも一緒に「Happy Birthday♪」を歌って
太郎丸さんにびっくり&喜んでもらえました。チョキ

楽しくてアットホームなライブでした。
終演後に撮影大会状態に。



真部さんのブログ にもレポと写真があります。
  

Posted by あけみ at 15:32Comments(0)ライブ