2020年08月23日

夏の宴

きのうの 「夏の宴」 ライブを生配信で見ました顔5
そして昨日の深夜と、今日もまたアーカイブを見ました。

「夏の宴」 は夏の大きな楽しみで、
これまではライブに合わせて夏休みをとって遠征したりしていましたが、
今年は勤務先からのあれやこれやの自粛要請に真面目に従いました。汗・涙 2
会場に行けなかったのは残念ですが、
生配信とアーカイブ視聴もできてホントにありがたいです。

バンドスタイルの柏木さんのライブは久しぶりで、
1曲めからずっとワクワクうれしくて、
リズムに合わせて体が勝手にうごいたり、
手拍子したり歌ったり、とっても楽しかった♪

柏木さんもすごく楽しそうに、いいお顔で演奏されていました顔2
着ていらっしゃったあのシャツは、
光田さんからのバースディプレゼントかしら?

里アンナさんの唄はPCで聞いてもすばらしくて、
名古屋ブルーノートと、ビルボードライブ大阪で
生で聞いたときのものすごいパワーを思い出しました。
会場で聞かれた方がうらやましいです。顔1

ライブが始まる前、名古屋ではものすごい雷雨があって、
「ひぇ~っ汗・涙1 このタイミングでうるさいのとか停電とか絶対ヤメテ」 と思ってましたが、
ライブが始まる頃にはほぼ止んで、ほっとしていました。
それが、ライブ前半の森と水をテーマにした曲が演奏される頃
また雨が降りだして、今度は演奏と窓の外の景色がマッチしていい感じ♪
そしてそのあとの軽快な曲の頃には、
雨が止んで空がだんだん明るくなり、虹がかかって大感激☆
ステキな経験でした。



すみません、虹の写真を撮っている間、ライブを見ていませんでした。
アーカイブで見ました。

そして、ウチの場合の生配信あるあるなんですが、
盛り上がってるところなのに、家族に呼ばれてしまい・・・汗・涙1
見ていない間に柏木さんの渾身の必殺技があったようで
戻ってきてチャットを見て唖然・・・顔8
これもアーカイブで見ました。

遠征はできなかったけど、それも含めて 「夏の宴」 は私の夏の大切な思い出。
これから配信期間中たびたびアーカイブを見て、思い出を深めてゆくのですハート1  

Posted by あけみ at 16:22Comments(0)ライブ

2020年07月22日

二人旅生配信ライブ

19日の二人旅さんの生配信ライブ、めちゃうれしかったです顔5
ディスプレイに向かって、「おかえり~顔2」って言ったり、
手をふったり、拍手したり、笑ったり、チャットを早く書こうと焦ったり汗・涙1
家族には 「ライブの生配信を見るからジャマしないで」 って
PCを持って部屋にこもりましたが、見られたら相当ハズカシイですね汗・涙1

演奏は、今年のツアーで演奏した曲を中心に、初演の新曲が2曲と、
聞きたかった映画音楽の名曲メドレーも聞けて大満足。
トークもライブの時と同じ・・・いやむしろ
テンション高めでオモシロ楽しかったです。顔2

カメラがたくさんで、いろんな角度から映されるので、
リアルライブの客席からは絶対見られない映像がみられるのは
配信ライブならでは。

再演不可能なアンコールの曲が、
アーカイブで何度も聞けるのも配信ライブならではですね。
もしかして、二人旅のライブを初めてご覧になった方は、
アンコールがアドリブだということに気が付かれない方もいらしたのでは?
曲名も表示されましたしね。
何度聞いてもホントにすごいです。

視聴券にすこしサポートを加えさせていただきましたが、
アーカイブを毎日見て、聞きたい曲は巻き戻し(?)てまた聞いたりしてるので、
むしろ、「えっ、いいんですか?ありがとうございます」って感じです。

またいい機会がありましたら、お客さんの有無にかかわらず、
二人旅さんのライブ配信があるといいなと思います。
お二人ともライブ配信に慣れたら、さらに楽しい企画が生まれそうな気がします♪  

Posted by あけみ at 00:02Comments(0)ライブ

2020年07月18日

Talk & Live &



3月以来の柏木さんのリアルライブということで、
行ってきました GRECO さんへ。顔2
久しぶりに出演者さんを目の前で見ながら、
空気を伝わってくる生演奏を聞けて幸せでした。

GRECO さんでは客席を半分以下に減らして営業されてます。
柏木さんが演奏前に 「うわっ、めっちゃディスタンス」 と言われるくらい
演奏スペースと客席が離れていて、客席がまばらなので
私は何だか “がんばらなくちゃ汗・涙1” っていう気持ちになり、
いつもの倍以上、めっちゃ力強く拍手しました。
他のお客さんもそうだったように思います。

そしてありがたいことに生配信もあったので、
ウチで何度か見ていた GRECO さんの配信ライブの、
撮影現場(?)のようすも見ることができました。
女性オーナーさんや、いつもはキッチンにいらっしゃるスタッフの方が
映像機器を操作されたり、演奏中のカメラ調整やズームをされたり、
もうすっかり手慣れた感じでした。

ライブの内容は、まだアーカイブが見られるので書きませんが、
ぜひ何度でもご覧になってください。
そして投げ銭してくださいね。
皆様の 「見たら払う」 という行動が、
今後のよりよい配信ライブにつながっていくと思います。(たぶん汗・涙1

今回はいつものトーク&ライブにゲストがいらっしゃって、
トークの内容もまた違ったオモシロさがありました。
ゲストの沖増菜摘さん、演奏はもちろん、
諸先輩(笑)のツッコミを誘ってしまうトークもナイス☆です。
菜摘さんもライブ中に言われてましたが、
最近マスクの下であまり動かなかった顔の表情筋が
いっぱい動いて、たくさん笑った楽しいライブでした。

トークに気を取られがちですが(私だけはてな)、
柏木さんと太郎丸さんの旧作が久しぶりに聞けたり、
菜摘さんが用意された初演の曲を、
諸先輩がたが譜面ガン見しながらも
ステキに弾くのを聞けるのもセッションライブの楽しいところ。
好きな曲や思い出多い曲を聞きながらいろいろ妄想したり、
新しい曲を知ってお気に入りが増えるのもいいですね。

アーカイブはもう1,000回以上視聴されたようです。
「Talk & Live」 を初めてご覧になった方も多いのでしょうか。
自分が初めて「Talk & Live」 を見たときのことを思い出します。
地元の葉加瀬さんの公演で、黙ってにっこり、時にキリっとカッコよく弾いていた
イケメンチェリストさんの演奏にもルックスにも魅了され、
思い切って東京のライブハウスに一人で行って、
こんなに気さくでおしゃべりな人なんだ、と知ったオドロキ(爆)
あれから20年・・・顔2




「Talk & Live」 恒例の、出演者によるネーミングのオリジナルカクテル。
今回はこんなんでした。


それから、柏木さんが来ていらっしゃった超個性的なTシャツは、
たまたま当日プレゼントされたので、ライブで着ようと思われたそうです。
(本番用のシャツはちゃんとご用意されてたそうです。)
てっきり仕込みかと思いましたが・・・顔2  

Posted by あけみ at 16:16Comments(2)ライブ

2020年05月18日

無観客生配信ライブ

きのう、GRECOさんであった越田太郎丸さんのソロライブの
無観客生配信をリアルタイムで見ました。

映像も音もきれいで、
手元のアップを時々映してくださったり、
スタッフさんたちの温かい一生懸命な拍手が聞こえたり、
一緒に見ているかたのチャットを読んだりしてとても楽しく、
日曜日の午後に、いい時間をすごしました。

投げ銭(他にいい言い方ないんでしょうか?汗・涙1)システムがあって
お礼の気持ちを表せるし、
遠征することに比べたらはるかに安くてありがたいです。

そして、このライブはアーカイブが残るので、
終わったあとでも、何回でも楽しめるのがいいです。
演奏を聞くのはもちろんですが、
曲のタイトルや紹介も聞きなおせるし、
トークにもまた笑っちゃったり。顔2

たっぷり楽しめたので、
他のかたのライブや、セッションライブもまた見てみよう♪

あっ、Talk&Liveだけは・・・やっぱり・・・
配信はマズイ、でしょうねぇ汗・涙1
「ここだけの話」 にならない汗・涙1  

Posted by あけみ at 22:45Comments(0)ライブ

2020年03月18日

越田太郎丸 Receita de Canja en 大塚




2020年3月15日(日) GRECO
越田太郎丸(g) 柏木広樹(vc) ただすけ(p) 田ノ岡三郎(acc) 木川保奈美(per)


太郎丸さんの仕切りのセッションライブ、
このメンバーでは昨年2回行われて、今回は3回めです。
定期的に再演されるのは、太郎丸さんをはじめ皆さんが
“このメンバーいい感じ” と思われてるんでしょうね。顔1

近頃は、ライブが中止や延期になることが多いですが、
グレコさんでは出演者からのキャンセルがない限り、
営業を続けていらっしゃるようです。
この日も、客席は間隔をあけて配席されて、
演奏中以外は換気のためドアを開けていました。

いつもとはちょっと違うお店の雰囲気に、
ライブはどんな感じになるんだろう汗・涙1、と思いましたが、
演奏が始まればもう1曲めから楽しくて楽しくて、
“あぁ、ライブっていいなぁハート1” ってまた実感しました。


1st
郵便局 (柏木広樹)
Hummingbird (ただすけ)
Ballad For Zawinul (Yuri Popov)
Los Carnavales Destianos (?)
The Monster and The Flower (Paquito D'Rivera)

2nd
Soy Sauce Island Tour (田ノ岡三郎)
Imitation (ただすけ)
子犬のショーロ (柏木広樹)
Zamba para Escuchar Tu Silencio (Guillo Espel)
Les Aventures (田ノ岡三郎)

アンコール
TSUBASA (越田太郎丸)


曲は持ち寄りですが、前回と同じ曲は2曲だけで、
知らない曲が次々と聞けて、ワクワクでした。
カッコいい演奏やアドリブソロの行ったり来たりは
聞いても見ても楽しい!
チェロがとても合うきれいな曲にはうっとり。顔5
そして、譜面ガン見のむずかしい曲汗・涙1は、
演奏者もお客さんも、演奏中のドキドキと
エンディングが決まったときの解放感(笑)を分かち合って
会場がひとつになって盛り上がりました。イェイびっくり


出演者のみなさんはどなたも、
「人前で弾けるのが本当にありがたい」 と
とても喜んでいらっしゃいました。
ミュージシャンがライブをする、
ファンがライブに行って生演奏を楽しむ、
それが何の心配もなく当たり前にできる日が
早く戻ってほしいです。




この日に演奏したある曲は、五連符がたくさん出てくるんですが、
演奏前のトークで、音符の数え方を
“ゴ・タ・ン・ダ・ー” とするといいんじゃない?ということになり、
演奏中は駅名の連呼にしか聞こえず笑いながら聞いてました。顔2
(トリッキーなフレーズがいっぱいのむずかしい曲なのに・・・)
帰りに山手線に乗った時も、
「次は、五反田ぁ~」 ってアナウンスを聞いたら
思い出し笑いのニヤニヤが止まりませんでした。
(マスクしてたからよかったけど・・・)
  

Posted by あけみ at 00:09Comments(0)ライブ

2020年03月01日

2/25 宮本貴奈さんライブ



2/25 に Billboard cafe & dining で行われた
宮本貴奈 String Fever featuring スペシャルゲスト 中西俊博 and 柏木広樹
に行ってきました。

公演の中止、延期などが広まる直前のタイミングで、無事に開催されました。
私は宮本さんのライブは初めて、中西さんはとてもお久しぶりでした。


1st

宮本さんソロ
  星に願いを-p&vo-
宮本さん・柏木さんデュオ
  白ねずみ (柏木広樹) 
  Spirit of the Forest (柏木広樹)
宮本さん・中西さんデュオ
  シェルブールの雨傘 
  Have some tea ? (中西俊博)
  Misty
トリオ
  羽根屋 (柏木広樹)
  Women's Dance

2nd

宮本さん・中西さんデュオ
  How High the Moon 
  夕焼け小焼け
  Beautiful Love
宮本さん・柏木さんデュオ
  シリウス (柏木広樹) 
  Vitamin Color(柏木広樹)
  Moon River-p&vo-
宮本さん・中西さんデュオ
  My Favorite Things-p&vo-
トリオ
  Armando's Rhumba

アンコール

宮本さん・中西さん(ピアニカ)デュオ
  My Funny Valentine-p&vo-
トリオ
  Summertime


スタンダードは、タイトルが自信ないのもあります。
間違ってたらごめんなさい汗・涙1

中西さん、柏木さんそれぞれとのデュオコーナーがあり、
ジャズのスタンダードや映画音楽に
中西さん、柏木さんのオリジナルもあって
柏木さんの曲が思いのほか多めでした。

インストの曲は、"ご自由にどうぞ" なアイコンタクトで
粋な会話のようなアドリブソロのやり取りがあり、
スローなスタンダードをやや低めの艶のあるお声で歌う
弾き語りもステキでした。
おしゃれなお店の雰囲気にもよく合って、
お酒やお食事をいただきながら聞くのにいい大人のライブでした。

共演者によって表現が、柏木さんの言い方では “歌いかた” が違うので
柏木さんの曲も違うイメージで楽しみました。
「Spirit of the Forest」はいっそう豊かでたっぷりとした水の流れを感じ、
「シリウス」はドラマチックでした。
「Vitamin Color」は宮本さんが大好きな曲だそうで、
エンディングの難しいフレーズのユニゾンがドキドキだったそうですが、
バッチリキメキメでした。グッド
「Moon River」は、弾き語りに添えるチェロが
一緒に歌っているようでうっとり。顔5


宮本さんと柏木さんは初共演でした。
宮本さんは事前に柏木さんのCDを聞いたら音がすごくよくて驚いたとか、
当日は柏木さんが音響のスタッフさんと一緒に
マイクの位置とかにこだわって会場の音づくりをしてくださったとか、
いい音にこだわる柏木さんのことをお話されてました。

一方、中西さん、柏木さんのトークは、それぞれ独自ワールドを展開 顔2
柏木さんは、宮本さんと初対面で待ち合わせしたときの
オモシロエピソードで会場を爆笑させ、
次の曲が 「Spirit of the Forest」 だったので
ちょっと待って気持ちの切り替えが・・・(笑)

中西さんと柏木さんは楽屋で "擬音" トークで盛り上がっていたとか。
研究熱心な柏木さんが擬音の名手の中西さんから学んだことは、
きっとどこかのライブでご披露されるはず♪


終演後に、私の席の近くにいらっしゃったカップルが
彼  「こんないいの、なかなかない。今日は当たり」
彼女 「チェロがすごいいい音・・・」
とお話されてました。
このお店によく来られる彼が、彼女を誘ってこられたようでした。
柏木さんのチラシをじーっと見ていたお二人、
また柏木さんのライブにもお出かけくださるといいな。
  

Posted by あけみ at 17:04Comments(0)ライブ

2020年02月12日

二人旅ライブ♪

待ちに待った二人旅のライブ、岡山と広島に行ってきました。
新曲があったり、『VOICE』の曲があったり、
おもしろくてためになる(?)あのコーナーももちろんあって、とても楽しんできました。

ネタバレライブレポは こちら です。


岡山の会場、城下公会堂。



超満席で店内がいっぱいのため、物販コーナーはお店の外。
通りすがりの方もCDを見ていかれてました。
柏木さんがトークで「CDは外でよく冷えております」って汗・涙1


広島の Live Jule




会場では、二人旅、柏木さん、光田さん、ザ・ハモーレ・エ・カンターレのCDと
柏木さんのグッズ 『VOICE』ラバーコースターが販売されます。
どのCDを買ってもお二人がサインしてくださいますので、
お時間とお財布に余裕をもっておでかけください。顔2


今回は、週末の1泊2日で2公演が聞けて帰って来られるという、ありがたい日程でした。
二人旅を追っかける私は一人旅なんですが、
行った先でお会いしたいなと思っていた方とお会いできたり、
初めてお話させていただいた方から、ブログを楽しみにしてると言っていただけたりして、
とてもうれしかったです。

お忙しい二人旅さんは、まとまった日程を取るのがなかなか大変なようで、
何回かにわけて7月ごろまでツアーが続くそうです。
また地元で聞ける日や、東の方へ遠征できるのを楽しみに待ってます。顔5
  

Posted by あけみ at 00:21Comments(0)ライブ

2020年01月26日

池袋コミュニティ・カレッジ



本日、池袋コミュニティ・カレッジで行われた公開講座
「柏木広樹のトーク&ライブ」 を受講してきました。
講座なので、本日の柏木さんは “先生” です。顔1
予約は “受講の申し込み” 、チケットは “受講証” 、会場は “教室” となります。

2018年9月に初めて開催されて、今回は2回めでしたが
初回に語り尽くせなかった汗・涙1テーマ 「チェロの多様性を語る」 の続きでした。

前半はトーク(講義)。
まずは、チェロの特性や歴史と変化について。
チェロが現在の形になった1600年代以降とそれ以前の違いが
とてもわかりやすかったです。
2本のチェロを使って、チューニングや弾き方を変えて、
音の違いもわかるように弾き分けてくださいました。

そしてチェロの多様性について。
お話とともに参考音源を聴いたり、
アルバム『VOICE』に収録されている「東風」(←チェロの多様性の極致)の
演奏解説と実演がありました。

今日も柏木先生の、“チェロを好きになってほしい” の想いがあふれてました。
先生はお話の脱線を気にされてましたが、
脱線したお話もまた興味深いし、おもしろいです。顔2

後半は光田健一さんを迎えてのライブで、5曲演奏でした。

Spirit of the Forest
+3+4 Steps !
ニュー・シネマ・パラダイス メドレー
リベルタンゴ
My Treasure

「二人旅」さんとしては、今年初の演奏でした。
今年の夏頃?に二人旅の新譜が出るかも?というお話もありました。ハート1

終了後はサイン会がありました。
たくさんの方が参加されて、受講の感想や
二人旅ライブを楽しみにしていることをお話されていました。
  

Posted by あけみ at 23:09Comments(0)ライブ

2020年01月24日

NAOTO&榊原大 アコースティックコンサート

ライブでお会いした方から、1月7日に八王子市で行われた
NAOTO & 榊原大 アコースティックコンサート ゲスト柏木広樹
のようすを教えていただきました。(ありがとうございますハート1

演奏曲

1st
HIRUKAZE (NAOTO)
UNKNOWN ASIA (NAOTO)
Polyvalent (NAOTO)
Moon Dance (榊原大)
架空鍵盤 (榊原大)
チャルダッシュ(モンティ)

2nd
Get Wild (TM NETWORK)
メロディー (玉置浩二)
航海記 (柏木広樹)
羽根屋 (柏木広樹)
幌筵島の歌 (NAOTO)
PARAMUSHIR (NAOTO)

アンコール
Libertango (アストル・ピアソラ)


柏木さんは2部の2曲めからの登場で、
NAOTOさんと柏木さんのデュオで弾いた「メロディー」がとてもよかったそうです。
うゎぁ、聞いてみたかった。。。
「羽根屋」は尺八のパートをNAOTOさんが弾いたんでしょうか?

そしてトークも、(たぶん)いちばんいいところを、
ちょこっとお聞きできて、にんまりです。顔2

新年早々、アコースティックないい音の演奏と
楽しいトークのコンサートに行かれた皆様、よかったですね~♪
  

Posted by あけみ at 23:57Comments(0)ライブ

2020年01月24日

『VOICE』リリース記念コンサート@大阪






名古屋に続き、大阪にも行ってきました。
同じメンバーで同じプログラムですが、
会場が違い、お客さんが違い、初演と再演の違いもあって、
どちらもそれぞれにとても楽しみました。顔2

ゲストの里アンナさんのコーナーは、2曲。
「奄美の子守歌」と「One」でした。
「奄美の子守歌」は、里さんと柏木さんのお二人で。
“泣かないで坊や” という意味の歌詞を島言葉でゆったり語りかけるような唄と、
そっと寄り添うような、呼びかけに答えるようなチェロの、
お二人の深い響きの VOICE に包まれて、言葉もなく、感嘆のため息出ました。
(はぁぁぁ・・・いいもの聞いたぁ)

「One」 は一転して、エネルギッシュなバンドと
それに負けないパワフルな里さんの VOICE がズバーンと飛んできて、
もう、すごいとしか・・・キラキラ
あのスリムな体から、こんな圧倒的な声が出るなんて。顔8

柏木さんは里さんのことを、「歌ってるときとしゃべってるときは別人」 と言われてましたが、
しゃべってる時は、ころころとよく笑われるかわいらしい方なんです。
そのギャップがとてもステキでした。


次は少し先になりますが、東京公演はゲストがハモカン♪
こちらはぐっと男っぽくなるのでしょうか?
そして間違いなく、にぎやかすぎるでしょうね! 楽しみ ハート1
  

Posted by あけみ at 00:28Comments(0)ライブ